スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[研究室活動記録]サーバーをruby色に染める

研究室に配属され、サーバの管理人になってからはや一ヶ月。
ハードの不具合でまともに管理人らしい事を出来るようになってから、いじくれる時間を見つけては触り続けていますが、まだまだ理想の環境には程遠く。

これから何をするのか、どこまでやったのかをメモするようにします。一応研究ノートはつけてますが、混ざる。

選択したサーバはCeotOS5.4。理由は、触ってみたかったから。

現在は研究室内のネットワークにせつぞくしていないと接続できないが、今後は鍵方式のみのログインを許可する事にして、外からの接続を可能にしたい。夜中に急に思い立った作業ができないって、不便。

研究室内のコミュニケーション用にデュラララ風チャットを設置したが、議論には向かなそうなのでIRCにチャンネルを用意。これとMLが、これからの主な連絡方法になる予感。

サーバーは最小限の活用にして、無料で少し広告がつく程度で利用出来るサービスがあるなら積極的にそちらを使う事とする。引継ぎや管理コストを考えて。
今のところ、ML、IRC、wikiは無料のwebサービスでいいんじゃないかと考え中。

研究室のホームページは徳島県のCMSを使う予定。何故なら使ってみたいから。
現在インストール作業中。今のところ大きなトラブルはなし。

大学内のネットワークが完全にブラックボックスなところが、目下のところ不安要素ではある。が、対処法は知っていそうな教授に話を聞く位か。GWがあけたら聞いてみよう。
スポンサーサイト

テーマ : Linux - ジャンル : コンピュータ

6月に読んだ本でベスト3

 なんとなく自分の中でその月一番印象に残っている本を紹介。

第三位
これ以上やさしく書けない微分・積分これ以上やさしく書けない微分・積分
(2006/11/18)
小林 吹代

商品詳細を見る

 実にすんなり頭に入り、なおかつ今までただ公式を解くことだけしかしていなかった微分積分の「正体」を知るきっかけになった。テストでいい点取れるかはしらないけれど、人生の総合点を上げてくれる一冊。


第二位
知能の謎 認知発達ロボティクスの挑戦知能の謎 認知発達ロボティクスの挑戦
(2004/12/17)
けいはんな社会的知能発生学研究会瀬名 秀明

商品詳細を見る

 知れば知るほどわからなくなってくる、好奇心の限り答えてくれるような分野の学問があるのだと知り感動。
 何より挿絵がすばらしい。


第一位
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る

 書評してないけれど、読んでます。基本的に小説は一巻目以降は書評しない(その前の作品を読んでいることが前提の書評って、何か違う気がするし)という自分ルールがあるので書いていませんが、やはり西尾維新は面白い。
 ただ、自分の中であまりにも思いいれのある作品なので、冷静な目で見れていないことは確か。


 7月も素敵な本に出合えることを願って、読み続けます。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

3月に書評した本



三月に書評した本は20冊。実際読んだのは30冊程度です。
今月は大学も始まるので、もっと積極的に読んでいきたいですね。


教科書とか。

Googleカレンダーで、毎月第1月曜日等と設定する方法

 私は普段のスケジュール管理にGoogleカレンダーと、それをOutlookに同期してくれるGoogleCalendarSyncを使っているのですが、繰り返し行う作業を記入するさい「毎月第○曜日」という設定が出来ないのが不満でした。

 が、よくよく調べてみると私が知らなかっただけで出来ることが判明。気づけよ自分。

 そんな反省の意味もこめて、やり方を記録しておきます。

その1:グーグルカレンダーを起動し、設定したい曜日(3月に登録するとして、第1火曜日に登録するのなら、3月4日)をクリックし、中央下にある「予定の詳細を編集」をクリックします。

その2:編集画面を開いたら、タイトルに繰り返したい内容を書き込み、「繰り返し」をクリックして「月別」を選択する。

その3:繰り返しの下に「毎月第1火曜日」と表示されれば完成。

完成例

 軽く凹みそうなほどに単純なこの手順。何で見逃してたんだろ。

 これで、住んでる地域のゴミ捨て日がカレンダーで確認できるようになりました。便利便利。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

古本の難点

 赤貧の暮らしをしている私にとって、強い見方である古本屋。便利で安く、珍しい本も手に入るといいことづくめなのですが、一つだけ難点が。


 前の持ち主が、本に線を引いたり曲げたりしてることがあるんですよ。


 大抵そういった品は売れ残り、100円コーナーに置かれる(もしくは処分される)ことになるのですが、私はよく100円コーナーの本を読むので当たる確立がかなり高い。

 で、今日もそんな本を引いてしまいました。

 前々から欲しかった本が100円で、しかもありえないくらい表紙が奇麗だったので迷わず購入。そしてあけてみると、色鉛筆のカラフルな線がお出迎えしてくれましたよ。もうね、線引くなら売るなと。

 悔しくて色々調べてみたところ、色鉛筆は黒鉛筆と違って顔料と蝋を混ぜて高温で処理しているので紙の凹凸に吸着しやすく、消すことが難しいという事実が判明。


 調べなきゃ良かった。

 一応、SEED社のCP-10という色鉛筆用の消しゴムが存在しているらしいので、大学の売店で注文して試してみます。
 ちゃんと消せるようならまた報告したいと思います。

テーマ : - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール変更

 プロフィールをiddyというサービスでまとめているのですが、それを久しぶりに変更。



 こういったページは作成した時点で満足してしまってそこから手を加えなくなってきますが、時間の経過と共に自分の立ち位置が変わるのは当然なんだから、もっと積極的に編集していくべきなのかもしれないと思いました。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

2月の書評

2月に書評した本をウィジェットにまとめました。



総数20冊ぴったり。
書評していない小説などを含めると、25冊ほどでしょうか。うーん、まだまだ一日一冊とはいきませんね。
今月もよろしくお願いします。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。