スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]クレヨンしんちゃんのまんがことばことわざ辞典

クレヨンしんちゃんのまんがことばことわざ辞典 (クレヨンしんちゃんのなんでも百科シリーズ)クレヨンしんちゃんのまんがことばことわざ辞典 (クレヨンしんちゃんのなんでも百科シリーズ)
(1999/03)
永野 重史

商品詳細を見る


いかにも子供に親が買い与えそうな本です.私はこの手の本は大好きですが,漫画なら読むだろうっていう感覚で買い与えるのは何か違う気がします.

難しいことわざや慣用句,四文字熟語などを漫画のシチュエーションのことなんだと刷り込むのはとても有益な勉強だと思います.

しかし,漫画はあまりにも頭に焼きつくイメージ力がつよすぎて,漫画のシチュエーションは思い出せてもそれがどんな言葉とリンクしていたか思い出すことができるのか.むしろ漫画のイメージが言葉を頭から出力することを邪魔しそう.

漫画のほうが楽しく読めるのは確かですが,本のコンセプトである『学習』ができるかどうかは微妙かもしれないと思いました.

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:これ以上やさしくかけない微分積分

これ以上やさしく書けない微分・積分これ以上やさしく書けない微分・積分
(2006/11/18)
小林 吹代

商品詳細を見る


 もう、さっぱりわからんとですよ。

 いや、この本は今まで読んだ微分積分の本の中ではピカ一に理解しやすい本ではあったのですが。

 序盤のそもそも微分積分っていうのはどういうものなのかまでははっきりと理解できてきたのですが、やはり公式が絡むととたんに弱気になって頭に入ってこなくなるようです、私。ええ、たぶん私のせいです。

 一番印象的なのは月もしっかり地球に向かって落ち続けているという話。驚きと納得の解説でした。そして、その月(衛星)と同じ原理で地球の周りをくるくる回っているから「人工衛星」って言うんですねぇ……。

 いろいろと(微分積分以外で)ためになる一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:やりなおし高校の数学

 救世主(多いな、救世主)。

やりなおし高校の数学やりなおし高校の数学
(2005/01)
岩渕 修一、工藤 伸仁 他

商品詳細を見る


 私はゆえあってしばらくの間学問(というか大学)から遠ざかっていたのですが、その間に見事に過去の勉強を忘却のかなたにサヨナラホームランしていました。いや、本当に自分でもびっくりするくらい忘れていましたよ。

 これではまずいとまずは高校から勉強しなおしているときに出会った一冊です。

 高校の範囲を広く浅く紹介しているため、この一冊で高校数学がばっちり!とはとてもいえませんが、少なくとも大学の教授たちが下手な授業でナニを言っているのかが最低限理解できるようにはなりました。ありがたいことです。

 文章題など、例題がほとんど入っていないので問題集は別に買って、ある程度実践をこなしたほうがいいと思います。そうするつもりです。

 目指せ高校数学1年生レベル!

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。