スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Ruby]遺伝的アルゴリズム

現在ゼミの研究前の下準備として,ゲーム開発者のためのAI入門を読んでいます.
ゲーム開発者のためのAI入門ゲーム開発者のためのAI入門
(2005/01)
デイビッド・M. ボーググレン シーマン

商品詳細を見る


その中で遺伝的アルゴリズムのサンプルプログラムを,Rubyで書き直してみました.

いや,正直な話C++で書かれた本書のサンプルコードが読むのがいやだったので自分でこんなもんだろうって組んじゃっただけなんですけどね.

遺伝的アルゴリズムサンプル

起動したとき,世界に水や日光などの環境パラメーターが設定されます.さらに,植物を11本生成します.この植物にはそれぞれ,自分が育ちやすい水や日光などの条件が設定されています.

そして,植物の成長条件と現在の環境条件から,その植物がどれだけ成長したか判定して,それを茎の長さとして表現します.

その後,成長が大きい植物のNo1とNo2を探し,それぞれの遺伝子(成長条件が入ってる配列)を交配(交叉ともいう)させ,新しい種を作り出します.このとき,遺伝子の一部に突然変異をおこさせます.

そして,もっとも成長の悪かった植物を引っこ抜き,交配で生み出した新しい植物を植えなおします.

これを繰り返すと,世代が重なるごとにどんどん植物全体の身長が伸びていく(最初の親の背よりも高く)というプログラムです.それだけしかでき無いとも言いますがw

実際ゲームに使うとしたら,モンスターのパラメーターなどをゲームに自動的に生成させる,などといった時に使えるかもしれません.

詳しくはマッチ箱の脳という記事に載ってますので,そちらを参照のこと.

ファイルも一応アップしておきます.よろしければどうぞ.
http://totobook.pepper.jp/zip/GeneticAlgorithms.zip
スポンサーサイト

[書評]L Change the WorLd

L Change the WorLdL Change the WorLd
(2007/12/25)
M

商品詳細を見る


人気が出すぎて気がついたらLが主人公の映画が出ていたデスノートのノベライズ.

著者は西尾維新では無い……はず.著者名までアルファベットナンバーにする必要はあったのだろうか…….

内容としては,まあ劇場版と少しだけ違う設定で,なおかつ不足していた情報を補う形で展開するものの,すごくおもしろいという印象をうけず.

たぶん,Lって文章で表現するには難しいキャラクターだと思います.
西尾維新の小説では,その辺語り部をもうけたり主体をナオミにしてたりと工夫してましたからあまり感じなかったんですけどね.

直球でLを書こうとしてキャラクターに負けてしまった,そんな印象を受ける小説でした.

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
(2006/08/01)
西尾 維新大場 つぐみ

商品詳細を見る


西尾維新が手がけるもう一つのノベライズ作品。

個人的にHOLiCよりこちらの方がおすすめ。実に原作とは違った雰囲気の文体ですが、不思議と違和感は感じませんでした。

ストーリーは、Lとキラが対決するより前、ロサンゼルスで起こった連続殺害事件をLと、原作ではあっさり殺されてしまった元FBIの南空ナオミが解決する、というストーリー。

原作で以前一緒に仕事をしたことがある、というのはこの事件の話だったんですね。

この本の一番の特色は、語り部、というより支店がメロの視点になっている、ということ。この辺でけっこう好みが分かれそうです。私はおもしろかったですが。

あと、Lがやる気をなくしているときキラに殴られ、その反撃としてLが放った技がまさか○○○○だったとは……いや、まあ変な体制だとは思いましたけどね。

全体的に展開がスピーディーであっさり読めるので、濃いミステリーファンには不向きな本かもしれません。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]アナザーホリック ランドルト環エアロソル

×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル
(2006/08/02)
西尾 維新

商品詳細を見る


西尾維新によるCLAMPの漫画HOLiCのノベライズ.

少々主人公の気が荒くなっているようにも感じましたが,全体的に漫画の雰囲気をうまく表現しているように感じます.相変わらずの西尾節ですけど.

しかし,最初の話が漫画にも掲載されていたストーリーだったのが少し残念.どうせならすべてオリジナルで読んでみたかったです.

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]戦う司書と恋する爆弾

戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/09)
山形 石雄

商品詳細を見る


死んだ人の記憶が『本』となる世界の、司書と爆弾のお話。

タイムパラドックスというより、卵と鶏チックな恋愛話は読んでいて少し素敵でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]

アンデルセン珠玉童話選 (洋販ラダーシリーズLEVEL1) (洋販ラダーシリーズ)アンデルセン珠玉童話選 (洋販ラダーシリーズLEVEL1) (洋販ラダーシリーズ)
(2005/07/01)
ハンス・クリスチャン アンデルセン

商品詳細を見る


TOEIC300点以上が対象の、簡易な英語で書き直された洋書シリーズです。
このシリーズの特徴はレベル1・2の本に出てくる全単語が、巻末に掲載されていることです。つまり、洋書を開きながら分からない単語が出てきたとき、いちいち辞書を開く必要がなく、この本一冊で最後まで読みきることが可能だということ。すばらしい!

古典的な物語(著作権が切れてそうなとも言う)が出版されているので、童話の内容なんてもう忘れてしまっている人は二度楽しめます。勉強もかねて、お勧めのシリーズです。

[書評]不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2008/12)
西尾 維新

商品詳細を見る


時間を経たキャラクターの変化を書きすぎた感がある。小説としてはよくても、消費のための物語としては、ちょっとインパクトに欠ける。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。