スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでもデブと思うなよ

ある意味世界的な宗教とも言うべき「ダイエット」。

このダイエット教に新しい教祖が誕生したのかもしれない。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫 (2007/08/16)
新潮社

この商品の詳細を見る


本屋でも、ネットのレビューでも評判にはなっていたので気になっていた本をようやく読破。

この本の主題であるレコーディングダイエットとは、その日の体重と食べた物を全て(飲み物含め)記録するということを軸として、徐々にそこから改善していくというもの。

まあ、詳しい内容は他に解説しているサイトがたくさんあるので、今回は割愛。
それよりも印象的なのがそこかしこに見える、過剰なまでのあおり文句。

・ダイエットをするとこれだけいいことがある!
・むしろしないことは損だとはっきり言える!
・このダイエットなら、意思が弱くてもレコーディングダイエットなら失敗しない!!

全体的にこんな内容を繰り返してました。

まあ、それ自体が悪いわけではないのですが、読んでいると自己啓発系の本を読んでいるかのような、奇妙な高揚感と、「やらなければ!」という焦燥感が沸いてきます。

なんていうか、すごい扇動されている感が読んでいてあるんですよね。そういった文体が苦手な人には少々とっつきにくいと言うか読んでいて鼻につく内容かもしれません。

まあ、レコーディング自体はユビキタスキャプチャーに通ずるところもありますし、ライフハックが好きな人には違和感無く受け入れられるのではないでしょうか。

ユビキタスキャプチャーとは、

「全てを手帳に記録する」、ユビキタス・キャプチャーの実践

「ユビキタス・キャプチャー」というのは、「人生に起こる全ての出来事を記録してゆく」という手法です。


というもの。
まあようするに、起こったこと、おもいついたこと、全てを手帳に記録しておくといいことあるよ、というライフハックですね。

実際私も測量野帳に思いついたことを書きとめたり、記録を書き込んだりしています。
その日食べた物を記録していた時期もあったのですが、挫折しました。

なんというか、全てを書き込むユビキタスキャプチャーは、後々一部分だけを読み返して参照することにはむいてないんですよね。

もしやるとしたら、レコーディング専用の手帳かノートを一冊用意するべきだと思います。

最近体重の増加が気になって仕方がないので、早速二週間ほど、食べた物と体重を記録する生活を送ってみることにします。

さぁて、痩せられるかな。


関連記事

  • ライフハックの(私への)罪
  • スポンサーサイト

    テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

    プロゲーマーへの布石?

    国産MMORPGの一つ、ファンタジーアースゼロ(以下FEZ)で賞金100万円の大会を開くようです。

    「「ファンタジーアース ゼロ」,優勝チームに100万円のトーナメント開催」


    もともと大人数での対人戦を売りにしているMMORPGなので(その分PT戦とかほぼ皆無)、大会を開くことにはなんら違和感がないのですが、それにこれほどの賞金がつくのは驚きました。

    韓国ではプロのゲーマーが存在するくらいエンターテイメント化(と言うかメジャー化)しているのですが、日本ではゲームが生活に溶け込んでいる分、そういった話はなかなか耳にすることはありませんでした。

    今回のこういった流れで、高額の賞金を歌うゲームがどんどん登場してきたら、日本も韓国のような「プロゲーマー」が現れるかもしれませんね。

    「対戦ゲーム=「eスポーツ」、プロ化計画が始動」

    こんな話も出てきてるようですし、むしろ自然な流れなのかもしれません。

    個人的に、ニコニコやユーチューブでうまい人のプレイは十分視聴するに足るものだと(むしろそれ以上)証明されていると思いますので、テレビでプレイ風景を見ることが出来る時代も遠くないのかもしれません。


    あ、ゲームセンターCXがあったか(逆の意味で)

    テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

    Wii3分クッキング

    あまりにも素敵過ぎる。



    これ、本当にレゴで作ったんならすごいけど、単にプレイ動画はめ込みかなぁ……。

    どっちにせよ、発想がすごすぎる。

    テーマ : ニコニコ動画 - ジャンル : コンピュータ

    白黒の感動再び

    これが本当ならすごくうれしいですね。

    「ニンテンドーDSにゲームボーイの「バーチャルコンソール」が登場?」

    メモリーカードのような形で販売して、Wii経由で購入してダウンロードといった感じでしょうか。

    すでに、海賊版では様々なゲームが遊べるものが販売してますけど、やっぱ正規品で欲しいですよね。
    もう少し早く出してくれれば……というのが正直な感想。

    ゲームボーイにだって、面白いゲームはたくさん(個人的にアドバンスソフトよりずっと面白い)あるので、どんなラインナップになるか、今から楽しみですね。

    ……そういや実家にあるはずのGB版マリオどこいったんだろ。

    テーマ : 任天堂系 - ジャンル : ゲーム

    自分メモ

    GoogleがIMAPに対応。

    「「Gmail」でIMAPのサポートを開始」


    IMAPって何?

     インターネットやイントラネット上で、電子メールを保存しているサーバからメールを受信するためのプロトコル。最初のバージョンはRFC 1730として、改良版のIMAP4rev1はRFC 2060として規定されている。POPと違って、メールはサーバ上のメールボックスで管理され、タイトルや発信者を見て受信するかどうかを決めることができる。モバイル環境で特に便利な方式である。



    ようするに、モバイルでGmailにアクセスしても、既読未読やフラグつけたものまで、全部ネット上と同期できる(つまり今まではできなかった)

    携帯からGmailにアクセスしてる人には便利かも。
    自分が携帯からアクセスするとき用に設定しておくべきか。(日本語まだ未対応だけど)

    テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

    PS3のおいしい食べ方

    「重力波の観測プロジェクト:スパコンでなく『PS3』が活躍」

     こういった記事を見るとPS3が買いたくなってきますね。
     いや、もうゲーム機じゃないじゃんというツッコミは置いといて。

     確かに、高性能なPCがこの価格で手に入るなら……という甘い誘惑は消えません。ワイヤレスキーボード設置してテレビの大画面でリナックスを動かす。

     うちのブラウン管テレビじゃあまり意味が無い気がしてきた。

     PS3のゲームで欲しい物は、今のところガンダム無双しか思いつかないのですが、今度発売するカードゲームと連動できる装置が楽しそうですね(名前忘れた)

     まあ、それを買う前にそのお金でテレビ買い変えたほうが長期的にはいいのかもしれませんが。

    テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

    あまりにも素敵

    メモ

    「「ジャンプスクエア」を検索されたみなさまに」

    クールすぎて笑った。
    検索ボタンを押さずにしばらく放置すると……、

    テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : コンピュータ

    やっぱりボタンは少ない方が好き

    Keyboard
    Photographer
    i_yudai
    License
    Creative Commons (by)
    Tool for photo selecting
    Gigazinize Tools - Image



    こんな気になる記事を発見。

    「慶應義塾大学、脳内イメージでPCを操作できる技術の開発に成功」

    最近こんな話をよく聞きます。

    「「脳で操作するゲーム」が登場、危惧の声も(1)」

    「皮膚の電気伝導度で、ゲーマーの動きが予測可能」



    どれもこれも、新しいインターフェイスというよりは、既存の入力装置の不便さ(PCならマウスとキーボード、ゲームならコントローラー)をどうにかするための新技術といったところでしょうか。

    確かに、未だに誤変換で無用な時間を浪費させるパソコンにはいらいらしますし、微妙なコントロールを要求するレースゲームでは一向に細かい指運びができない自分にいらいらしてる現状を考えると、うれしいことなのかもしれません。

    まあもちろん、副作用とか危険性とか、そういったハードルを全てクリアすればの話しですが。

    実際、日常でアクセスする情報量が膨大になっている現状で、今のマウスとキーボードでちまちま入力作業をしているのも限界を感じます。それでも手書きよりは遥かに効率的なんですけどね。

    昔はそれで納得していたものが、それが日常になるにつれ不満が出てくるって言うのは、なんだかファミコンからPSに至るまでのゲームの遍歴を見ているかのようです。

    こういった話題が出てくると、「昔の方が良かった」などという声もたくさん聞こえてくるでしょうが、きっとそれも未だにファミコン万歳な人たちが多いのと同じ理由な気がします。

    どっちにせよ、人は自分がいいと思ったものだけ自分の身の回りに置くものですしね。

    テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

    動画製作への憧れ

    GIGAZINEですさまじい動画を紹介していて、感動のあまりこっちでも紹介。二番煎じとか正直どうでもいい。



    これ、海外のクリエーターの人が作ったらしいのですが、すごすぎますね。っていうか任天堂に対抗してソニーがこんな格ゲー作れたらPS3も盛り返して、モンスターハンター3がもどってくるかもしれません(それは無いか)


    こういった動画を見ると刺激されて、自分も作ってみたくなるのですが、どうにも動画って手が出しにくい。

    そんなとき、WBS(ワールドビジネスサテライト)の特集でこんなソフトが紹介されてました。

    「うるまでるびペイント」

    おしりかじり虫を製作したうるまでるびさん(私としてはウゴウゴルーガのしかとの人なんですが)が製作した誰でも10分で動画が作れると言うふれこみのソフト。

    まだベータ版もできてないようなのですが、実際に動かしている動画をみてすごい注目しております。

    値段も子供が買える値段にしたいと話していたので、発売したら購入したいです。

    テーマ : 動画 - ジャンル : コンピュータ

    ライフハックの(私への)罪

    Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術! を読みました。

    Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術! Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術!
    Gina Trapani (2007/06/19)
    アスキー

    この商品の詳細を見る


    「ライフハック」とは、生活や仕事のスタイルをもっと快適に、気の効いた、楽で、効率的にしようとする生活習慣改善術のようなものです。主に情報処理を扱う人たちの間で流行しています。

    最近関連の情報が書籍やネット上でよくみかけます。

    確かに有効だったり、便利だったりする内容も多いので愛読しているのですが、こういったライフハック関連の情報に触れ続けていると「これって本当に必要なのかな?」という疑問がわいてくるようになりました。

    何故疑問に思うのか自分なりに考えてみると、データの整理法方やちょっと便利なPCの機能など、知っていれば便利なのは確かなのですが、それ以上に「ライフハックをやってると(もしくは調べてると)楽しい」のが問題なのかなぁと思います。

    ようするに、趣味になっちゃうんですよね、ライフハックっていう行為そのものが。

    そのため、新しいライフハックを求めてネットサーフィンをハックで短縮できた時間以上に消費したり、ハックを試すために本来必要じゃなかった作業にまで手を出したりしてしまうことが多々あります。

    いや、私の自制心がなさすぎるだけなのかもしれませんが。

    そもそもなんでライフハックというものを必要としたのか、今一度原点を見直さなくちゃいけないのかもしれません(少なくとも私は)。

    テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。