スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:殺竜事件

殺竜事件―a case of dragonslayer (講談社ノベルス)殺竜事件―a case of dragonslayer (講談社ノベルス)
(2000/06)
上遠野 浩平

商品詳細を見る


私が見知らぬ本を手に取る場合、いくつか買い方にパターンがあります。

一つは表紙買い。ライトノベルなどを買う場合、表紙のイラストや装丁が購入の決め手になることが多々あります。表紙につられて購入して、後悔したことも山のようにありますが。

もう一つが、タイトル買い。その本のタイトルがあまりにも秀逸というより魅力的なため、思わず手にとってしまったという買い方です。

この本は、後者のタイトル買いで手に取りました。
だって、殺竜ですよ、殺竜。王道ファンタジーなら、竜といえば時には勇者に立ちはだかる敵として、あるときは勇者に助言を与え、またあるときは勇者と共に巨悪を討つ。
その竜が、殺されて、なおかつ事件とは。もう、そのタイトルだけで期待せずにはいられません。

本書はタイトルのとおり、その世界において最強の存在である竜が殺されてしまい、主人公たちはその犯人を捜すために旅に出ます。容疑者は、結界に守られた竜に面会を求めた人間たち。人間ごときの力では絶対に倒すことが不可能なはずの竜を、どのようにして殺したのか? そもそも、なぜ竜を殺さなければならなかったのか?

不可思議な謎と共に、旅によって明かされていく主人公たちの関係や過去が、物語の世界にぐいぐい引き込んでくれます。

ミステリーとしてだけでなく、和製ファンタジーとしても楽しめる、素敵な小説です。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械
(2004/07/08)
藤咲 淳一

商品詳細を見る


SAC(攻殻機動隊のテレビアニメ版)を題材とした小説シリーズの中では、もっともアニメのシナリオ構成に近い本かもしれません。

大小さまざまな事件、人、思想が絡み合い、予想もしていないような大きな事件へ収束していく。そして、その合間にミニストーリー(今回はタチコマが主人公)をはさんで、それもメインのシナリオにリンクさせるなど、アニメ版の展開を彷彿とさせます。

今回秀逸なのはタチコマのショートストーリー。アニメ版で描かれた少女との友情ではなく、女性との恋(と観察できる何か)を体験したタチコマの描写は、電車の中で読んでいて頬が緩みっぱなしで、他の乗客にアブナイ人と思われたことでしょう。

小説シリーズの中では一番のお勧めです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:心はプログラムできるか 人工生命で探る人類最後の謎

心はプログラムできるか 人工生命で探る人類最後の謎 (サイエンス・アイ新書 31) (サイエンス・アイ新書)心はプログラムできるか 人工生命で探る人類最後の謎 (サイエンス・アイ新書 31) (サイエンス・アイ新書)
(2007/08/16)
有田 隆也

商品詳細を見る


心、とタイトルに書かれていますが、本書は人口の知能、もしくは生命をわかりやすく解説した入門書といえるでしょう。(入門書ばかり読んでますね、私)

心・知能・生命の定義をWikipediaで調べてみると、

心(こころ)、この言葉は非常に多義的・抽象的であり、話者や文脈に応じて多様な意味をもつ。
広辞苑は以下のようなものを挙げている。

  1. 人間の精神作用のもとになるもの。

  2. 人間の精神の作用そのもの。

  3. 知識・感情・意思の総体。

  4. おもわく。

  5. 気持ち。

  6. 思いやり、情け。


他に 趣き、趣向、意味、物の中心、等。

知能(ちのう 英:intelligence)とは、論理的に考える、計画を立てる、問題解決する、抽象的に考える、考えを把握する、言語機能、学習機能などさまざまな知的活動を含む心の特性のことである。知能は、しばしば幅広い概念も含めて捉えられるが、心理学領域では一般に、創造性、性格、知恵などとは分けて考えられている。


生命(せいめい)とは、生物が生物として自己を維持、増殖、外界と隔離する活動の総称であるが、はっきりとした定義を与える事は難しい。またある意味では、自己複製を繰り返し、かつ変化しうる存在で有るとも考えられる。この場合細胞も、代謝でさえも必要では無く、既存の生物にとらわれる事無く生命の基本的性質を議論する事が可能になる。こういった文脈では生物は現生の地球上の生物に限定して使用されることもある。逆に、命、あるいは魂と同じ意味に使われる場合もある。


……そもそも定義が難しいものを辞書で調べるって、不毛ですよね。

よくよく考えると、そのなんだかよくわからないものを、世界中の頭のいい人たちが日夜研究してるわけで。それってすごく素敵なことなのかもしれません。見返りよりも、好奇心。

そういえば、原理はよくわかってなくても何気なく使っているものって世の中多いですよね。家電だってそうですし、今こうして触っているPCだってそう。

鉄を製鉄する高炉にいたっては、コンピューターでのシュミレーションでようやくその内部でどんなことが起こっているかがわかったくらいで、それまでは職人の勘まかせだったそうですし。

勘って。

まあけど、こうして私たちは家電を使い、PCを使い、鉄で出来た製品に囲まれて生きているわけで、いつの間にか高炉の内部の動きがわかるようになったように、心が何なのか、わかる日が来るのかもしれません。

本書は、そんなよくわからないものをどうにか作るためのさまざまなアプローチを見せてくれます。本書を読んで答えはでませんが、好奇心はいやおうなしに刺激される。そんな一冊です。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:Rubyでゲームプログラミング

Rubyではじめるゲームプログラミング―人気の国産言語で、誰でも簡単にゲームが作れる! (I・O BOOKS)Rubyではじめるゲームプログラミング―人気の国産言語で、誰でも簡単にゲームが作れる! (I・O BOOKS)
(2007/07)
山本 団

商品詳細を見る


国産プログラミング言語であり、ウェブアプリケーション製作有名になRubyでゲームを製作するための(ほとんどが)ライブラリーのMygameを紹介した本です。

Rubyの基礎も(ものすごい端的にですが)一通りは紹介しているので、まだRubyを触ったことがないという人にも安心して読むことができます。

レースゲーム、ノベルゲーム、アクションゲームの三種類を製作することで、ライブラリーをつかったゲーム作成の方法を学べるようになっています。

ただ、各種ゲームのボリュームが小さいことと、この本を読んでこれ以上機能を拡張したいと思ったときどうしたらいいか本書のみを読んでもさっぱりわからないことが難点。

また、今回は用意された素材でゲームを作るため、プログラミング部分はある程度理解できるのですが、実際に作る段階で、素材などをどういった基準で集めればいいのか、または製作したらいいのかがわからないため、他のゲーム製作解説本で別個に勉強するか、悩みながら試行錯誤するしかないのも残念なところです。

ゲーム製作の部分や、クラスの継承などを自然に理解できるようかなり気を配って書かれている本だったので、ゲームの種類を、たとえばアクションなどに一つに絞って一冊の本にしてくれると、すばらしい本だったと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評:海馬 脳は疲れない

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
(2005/06)
池谷 裕二糸井 重里

商品詳細を見る


コピーライターと、薬学博士の、人間の記憶をつかさどる海馬をテーマにした対談本。

「センスは記憶」など、自分に才能はないけど努力はできると感じている私のような人間には励みになる、ポジティブな内容でした。入出力(練習と実践)の量さえ増やせば対処できるって、素敵ですよね。

どうしてもこういった脳を取り扱った本は重い話になりがちですが、まったくの門戸漢である私にもわかりやすいとても読みやすいよう工夫して構成されていました。その分、専門的な内容は多くはなかったように思えます。

人間の記憶について、興味はあるけど専門書は敷居が高い、という人にはお勧めの本です。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

書評「脳を活かす読書術

脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
(2008/09/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


テレビでよく見かける脳科学者、茂木健一郎先生の仕事術。

本書のキモを一言で言うと、インプットとアウトプットのバランスが大事、ということです。

インターネット・TV・新聞・雑誌・映画・ゲーム・書籍など、良質のインプットに触れる機会は増えているけれど、アウトプットの量は少ないまま。
そんな人は、普段どんなに“いい物”を見分けることが出来ても、自分で作ることは出来ないと茂木先生は書かれています。

まあ、そうですよね。漫画を何万冊読んだって、絵なんて描けませんし。

人間は感覚として取り入れた知識をアウトプット(絵を描く、文章を書く、運動するなど)することで運動系の知識として取り入れて初めて“使える”ようになる、とのこと。耳が痛い。いや、目か。

本書の後半は、茂木先生の脳と仕事に関するコラムの詰め合わせでした。
興味深かったのが、“「やりたいこと」と「周囲の期待」を両立させる”という章で、

それ以来、他に言いたいことがあっても、必ず脳の働きについても触れながら答えることにしました。


と書かれていたこと。

TVで普段コメントしているとき、この人は何でもかんでも脳に絡めて答えてるなぁと感じてたのは、気のせいじゃなかったみたいです。プロ意識、なのでしょう。たまにやりすぎと感じることもありますが。

具体的な仕事術、というよりは、頭の中にはいいものがあるのにそれを表現すると陳腐になってしまうと悩んでいる方向けの、実践の巻といった感じの本でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

EeePcを使用して気がついた点

EeePcを使い始めて、以前記事にまとめたTipsも一通りこなし、Rubyの開発環境なども整えてそれなりに快適なウルトラモバイル生活を送っています。

しかし、気になることがいくつかあるので、今回はそれをご紹介。
私が使用しているのは、EeePC S101です。

電池の容量表示がいい加減すぎる


こういった事情もあるのかもしれませんが、とにかく電池の残量と使用できる時間の表示がいい加減です。PC本体についているカラータイマーのようにピコピコ点滅する電池メーターのほうがよっぽど頼りになるかも。

普通にコード打ったりネットサーフィンしているだけなら5~6時間は余裕で持ちます。

SSD(EeePCのハードディスクのこと)がたまに固まる


ネットサーフィンをしていると、たまにSSDが固まってフリーズ(といっても10秒~1分程度ですが)することがあります。

まあ、あちこち弄繰り回したのでその影響かとも思ったのですが、調べてみると同じ現象が起こっている人たちが結構いるようです。

理由は詳しく検証しているサイトがあるのでそちらを見ていただくとして、解決策は単純。

デフラグする。

これだけです。……まあデフラグ不要!とか宣言していたSSDでデフラグしないとフリーズするってのは納得いきませんが、ためしにWindows標準のデフラグソフトをかけてみたところ改善した気がします。

上記サイトで、このデフラグを解消するツールを作成中とのことなので、それを期待して待つことにします。

こういった不満点はあるものの、それ以外ではEeePC、購入して満足してますよ!
ASUSTek ノートPC EeePC S101 シャンパン EPCS101-CHP008XASUSTek ノートPC EeePC S101 シャンパン EPCS101-CHP008X
()
不明

商品詳細を見る

テーマ : Eee PC - ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。