スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]マイクロソフト戦記

マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方 (新潮新書)マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方 (新潮新書)
(2009/01)
トム佐藤

商品詳細を見る


私はOSとしてのWindowsが好きです。どんだけあほな仕様で苦しめられても、UIが最悪でも、IEなんていう最低のブラウザのシェアを伸ばしてしまったとしても、一般の人たちが触るOSを統一したという功績を考えれば許容範囲です。

教える立場からすれば、みなが使うパソコンの基本操作が統一されていることはなにより、バージョンがあがっても前の知識をそのまま流用できるっていうのはとてもうれしいことです。
一つのソフトやOSについて知識を深めれば深めただけ、将来も通用することの大事さを痛感します。なれない人は、XPからVistaに変わって見た目が変化しただけでもう無理って騒いでましたからねぇ。

それはさておき、本書を読むと何でマイクロソフトはこれだけむちゃくちゃやっててつぶれていないんだろうとか、何でウインドウズがデファクトスタンダートになれたんだろうと逆に疑問がわいてきますが、読み物としては非常に楽しめました。
今日のIT産業が、技術革新よりも偶然のパワーゲームの結果なりったっている印象がより強く受ける内容でしたが、まあ一面に偏った見方ではあるのでしょうね。

とにかく言いたいことは一つ。Vistaは無いよ。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]図解 レバレッジ勉強法

<図解>レバレッジ勉強法<図解>レバレッジ勉強法
(2008/09/19)
本田 直之

商品詳細を見る


レバレッジシリーズの図解ムック本。お値段も千円とリーズナブル。

文章ばかりのビジネス書よりも、図で説明があったほうが理解しやすいかと期待して読んだのですが、図と文字の配置が悪く、また色やフォントなどもいまいちで逆に読みづらかったです。
そもそも図解するほど難しい内容を扱ったシリーズではないので、本筋のレバレッジシリーズを読んだほうがいいと思います。

レバレッジ本編が非常にためになるシリーズなだけに、このムック本のできの悪さが際立ってしまった感じです。
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
レバレッジ英語勉強法
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─
レバレッジ人脈術
レバレッジ勉強法人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]勉強について、私たちの考え方と方法

勉強について、私たちの考え方と方法勉強について、私たちの考え方と方法
(2007/09/04)
小山 政彦羽生 善治

商品詳細を見る


 棋士と社長が、それぞれの勉強に対するスタンスについて語った異色の勉強本。

 羽生名人が将棋を主軸として語っていたのに対し、小山社長が自分の人生を主軸にして語っていたのが印象的でした。
 羽生さんが将棋を通して学んできたことを、小山さんは人生を通して学んできたということなのかもしれません。

 どちらも自分の脳みそを限界まで酷使して稼ぎを出している人たちの勉強論は読んでいるだけでとても刺激を受けました。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]森博嗣のTOOL BOX

森博嗣の TOOL BOX森博嗣の TOOL BOX
(2005/10/13)
森 博嗣

商品詳細を見る


日経パソコンで連載されたコラムが写真とともに一冊にまとまっています。
特にテーマを設けずに、道具について語っているだけ。それを楽しめる人は読むべきだし、退屈だと思う人は読まなくてもいいかも。そんな本でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]超「超」整理法

超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー
(2008/09/18)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


前作「超」整理法がアナログの整理法なら、この超「超」整理法は、デジタルの整理法。

なのですが、どうにも前作ほどのインパクトを受けません。どれもこれも多種多様に出版されたライフハック本の水増し程度。目新しい情報は一切なし。

ただ、整理法とはほとんど関係ない6章、7章は読み物としては非常に面白いです。だから、整理術の本としてではなく、著者のコラム集として読むぶんには面白い本なのかもしれません。

どっちにせよ、出版するのが遅すぎた感じがします。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[インストラクター日記]Excelでの小数点の悩み

Excelで、小数点が二桁以上の数字を桁上げで非表示にする場合、セル内の数字が左に若干ずれるという謎仕様があります。

これに対処するには、セルの書式設定でユーザー定義をいじるか、書式設定で「数値」を選んですべての数字を左に若干ずらすかすればいいのですが、どれもわかりにくい。

うちの生徒さんたちは基本的にあまり自宅での学習もしないので、ユーザー定義は教えた先から忘れていきます(それでも教わったことは覚えてるから、聞いてきてくれるんですけどね)。

エクセルなどの表で数値の位置がそろってないと、見た目にも気持ちが悪いらしく、何とかしたいという要望の多さのわりに、教えた後の定着率の悪さが気になります。

ユーザー定義などを使わないで、もっと簡単な方法で対処することはできないのでしょうかねぇ。

そもそも左にずらす意味がわからないのですが。

テーマ : パソコン教室 - ジャンル : コンピュータ

[書評]上達の法則

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)
(2002/05)
岡本 浩一

商品詳細を見る


上級者にいたるまで、人の頭の中ではどういった動きがおきているのか。上級者と中級者の差は何なのかなど、人が何か一つのスキルを身につける過程でどのような変化がおこっているかを認知心理学、学習心理学、記憶心理学に基づき解説した本です。

とにかく参考になる部分が多すぎて、まだ自分の中でまとめられていません。
じっくり読み返して、後日また書評したいと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

Vim素敵

Ruby用エディタとしてVimを使い始めたのですが、こちらの記事を見てむしろHTML,CSSエディタとしての魅力を感じてきました。

コード補完はもちろんのこと、htmlファイル作成時に自動で読み込まれるテンプレートや自動インデントなどあったらいいながすでにそこにあるというのは魅力的です。

今までRDEなど更新が終わった(とまった)エディタばかり使っていたので、どんどん便利になっていくVimは勝手に研がれて切れ味のあがる刀のようです。調子にのって研ぎすぎてぽっきり折れそうですけど。

Vimの設定が楽しくて、実際のプログラムの作業がおろそかになっている今日この頃です。

テーマ : おすすめソフトウェア - ジャンル : コンピュータ

Vimを使ってみることにしました

普段Rubyのスクリプトを書くのにRDEという統合開発環境(以下IDE)を使っていたのですが、数行程度のスクリプトでIDEを利用するのも少し馬鹿らしい。
それに、開発がだいぶ前にストップしているので、今後使い続ける不安もあります。IDEとしても貧弱です。

そんな時、サークルメンバーにVim可愛いよVimと薦められたので、とりあえずいじくってみました。

使用したのはこちらのgVimと呼ばれているもの。
KaoriYa.net

見た目があまり好きではなかったので、こちらの設定を参考に少々いじくってみました。
Vim初心者的導入メモ 2/3 「vimrc設定」編 - ナレッジエース

VimでのRuby実行に関しては以下のサイトを参考にしました。
VimでRubyスクリプトの実行と結果のプレビュー表示 - ナレッジエース

使い方に関しては、こちらのページを参考にしました。
Vim講座1 - think and error

おっかなびっくり触ってみた感触としては、インサートモード(テキスト入力モードみたいなものです)で使う分には他のエディタとそれほど違いはありませんし、他のモードでのコマンドの使用法もちょっとづつ覚えていけばよさそうです。

問題があるとすれば、.rbファイルの保存したディレクトリの名前に半角スペース(Program fileとか)が入っていると、Vimから!ruby %で起動するとエラーが出てしまうことです。Vimから起動しないなら普通に動くので、それでいいじゃんという意見もありますが。

Vimの設定でオススメのものや、こういったプラグインが使いやすいよ!というご意見がありましたら教えてください。

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

[Ruby]RandomViewerをまたまたアップデートしました

サークルメンバーにツッコミを入れられたため、RandomViewerをJPGに関連付けされているビューアで画像を開くようにしました。いや、最初からそうしておけよって話ですが。

フリーソフト:RandomViewer(zip形式)

シェルを使用して開いているため、コンソール画面が一瞬開いて閉じますが、仕様です。気にしないでください。むしろ消す方法を知っている人は教えてください。

以下、ソースコード
$KCODE = "s"

files = Dir.glob("*.{jpg,JPG}\0**/*.{jpg,JPG}\0**/**/*.{jpg,JPG}")
fullname = files[rand(files.size)].to_s
imgpass = fullname.gsub("/" , '\\')
system("start #{imgpass}")

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

[書評]HTML/XHTML&スタイルシート レッスンブック

HTML/XHTML&スタイルシートレッスンブック―ステップバイステップ形式でマスターできるHTML/XHTML&スタイルシートレッスンブック―ステップバイステップ形式でマスターできる
(2007/06/20)
エビスコム

商品詳細を見る


最強の初心者入門書。

目次
1.ページを作ってみる
2.文字のデザイン
3. リンクを作る
4.背景と罫線のデザイン
5.画像のデザイン
6.横幅と配置のアレンジ
7.テーブルとフォームのアレンジ
8.ページを公開する
9.パワーアップアレンジ


この本一冊を、最初から最後のページまで指示に従って作業すれば、XHTMLとCSSを使用したサイトが完成します。見事に著者の思うがままに操られている感じです。

タグも基礎的なことからしっかりと解説されているので、本書の中で使用されているタグとスタイルシートで理解できない部分はほとんどありません。(リストを作成するとき、マーカーを消す方法が初回されていますが、ほかにどんなマーカーが使用できるかという解説がほしかったかも?)

これからXHTMLを覚えたいという人には手放しでオススメできます。

この本を読んで、自分でもいろいろCSSをいじくりたくなったので改造OKのBlogのテンプレートに変更しました。さーて、改造しまくるぞ!

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]ライフハックス 鮮やかな仕事術

ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)
(2006/12)
佐々木 正悟

商品詳細を見る


読んでうなずいて、そのまま何もしないで終わってしまいそう。
最後の章の近未来ライフハックに使えそうなツールは、自作ツールのいいネタになりそうです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[書評]大人のための勉強法 パワーアップ編

大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)大人のための勉強法―パワーアップ編 (PHP新書145)
(2001/03/15)
和田 秀樹

商品詳細を見る


同じPHP新書で発売された大人のための勉強法の続編。

この人の勉強法の特徴として、具体的なノウハウは紹介せず、人が学ぶということに関する心理学的な理論や著者自身の経験を元に書かれています。

勝間系勉強法(具体的なノウハウの塊)とは対極をいく書かれ方ですね。

私は人が勉強を始める、もしくは続けるための動機付けに興味があり、本書を手に取ったのですが、面白いことが書いてありました。
教育心理学での動機付けは、
  • 明瞭な外的報酬が重要視された時代

  • 内発的動機付けが重要視された時代

を経て、
  • 文化的に埋め込まれた暗黙の勉強への方向付け

  • 外発的動機付けから内発的動機付けに内化されるプロセス

が重視されるようになってきたとのこと。

しかし著者は、自己から湧き上がるやる気を重視するこの考え方よりも、「やる気があるかどうかよりも、やったかどうか」こそが重要であると説いています。

海外の学校の宿題や試験の多さと、それに伴う成績の向上からゆとり教育を批判しているものそのためでしょう。自らが勉強することをしなくなった「有識者」たちを批判しています(嘆いているだけかも)。

まあようするに、外部の学校や指導者は、とにかく生徒にアウトプットの機会をもうけさせ、ひたすら詰め込み教育を行ったほうが効率がいいということでしょう。これには完全に同意です。大学でも、一番生徒の成績が良くなる授業は、ひたすらに問題を解かせた授業であり、教授が理論をだらだら説明していた授業ではありませんでした。

あとは、「暗黙の勉強への方向付け」として、周囲の先輩や同級生がバリバリ勉強している姿を見せることも大事だと思います。
環境のせいで何かができないというのはどうかと思いますが、環境のおかげで何かがしやすくなるってことはありますよね、やっぱり。

勉強法というよりも勉強論というべき一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[Ruby]RandomViewerをアップデートしました

フリーソフトの画像ビューアIrfanViewがあまりにも高性能で使いやすかったため、これをインストールしているPCでRandomViewerを起動するとIrfanViewで画像を開くように変更しました。

ものすごい自分の都合での変更ですね。

注意点としては、デフォルトのインストール先である

C:\Program Files\IrfanView

にインストールされていないと起動しないということです。
IrfanViewがインストールされていないPCでは、標準の画像ビューアが開きます。

フリーソフト:RandomViewer(zip形式)


以下、需要のなさそうなソースコード
$KCODE = "s"

files = Dir.glob("*.{jpg,JPG}\0**/*.{jpg,JPG}\0**/**/*.{jpg,JPG}")
fullname = Dir.pwd.to_s + '/' + files[rand(files.size)].to_s
imgpass = fullname.gsub("/" , '\\')
Dir.chdir('C:/')
if FileTest.directory?('Program Files/IrfanView/')
system('Program Files/IrfanView/i_view32.exe ' + imgpass)
else
system('WINDOWS\system32\rundll32.exe C:\WINDOWS\system32\shimgvw.dll,ImageView_Fullscreen ' + imgpass)
end

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


完全タイトル買い。なんてマッチョな本。

筋トレがもたらす精神的な利点とともに、筋トレを続けられる人はビジネスでも成功できるという説を、自身のトレーナーとしての経験から力説しています。

いやー暑苦しい。けど惹かれる。やっぱり、男の子として一度生をうけたからには筋トレに一度はトライした記憶が皆様にもあるはず。そして挫折した記憶も。

この本には、何故挫折したのか、どうしたら挫折しないのかが詳しく書かれており、筋トレ以外のスキルアップの勉強にも応用ができそうです。

今やっている絵の練習に活かしてみます。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

池田清彦の「生物学」ハテナ講座 iPS細胞の「?」にも答えます

池田清彦の「生物学」ハテナ講座池田清彦の「生物学」ハテナ講座
(2008/11)
池田 清彦

商品詳細を見る

目次


第1章 「生物多様性」がわかる―種と生存競争をめぐる不思議
第2章 「遺伝子」がわかる―遺伝子の情報ですべてが決まるわけではない
第3章 「性」がわかる―オスとメスが存在する理由はいい加減?
第4章 「免疫」がわかる―インフルエンザ、エイズ、アレルギーと免疫の関係
第5章 「病気」がわかる―ヒトが病気になるのには理由がある
第6章 「ヒト」がわかる―ヒトはいつどこで生まれたのか
第7章 「進化」がわかる―だれも目撃したことない「進化」という現象


感想


生物学を今までまったく勉強してこなかった人にもわかりやすく遺伝子や性、最近話題のiPS細胞などを知ることができる良書。

無学だけどユーモラスな生徒と、虫フリークスな先生が掛け合い漫才のように各種トピックを会話で伝えてくれるため、さくさく読めます。

ただ、軽快に読み進めることができるため、ちゃんと頭に入ったかどうか怪しいですが。何度か読み返す必要がありそうです。

こうやって、誰にでも分かる形でニュースで伝えられる科学情報を解説してくれる本があるのは大事なことですね。新聞やテレビだと、これだけの内容を伝え続けることは難しいでしょうから、書籍の利点を生かしたコンテンツだと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

『陰陽師』読本 平安の闇にようこそ

『陰陽師』読本―平安の闇に、ようこそ (文春文庫)『陰陽師』読本―平安の闇に、ようこそ (文春文庫)
(2003/09)
夢枕 獏

商品詳細を見る

目次
言葉の引力が物語を生む(夢枕獏)
映画『陰陽師2』第一稿(夢枕獏)
映画『陰陽師2』第四稿(夢枕獏)
安倍晴明のエクスタシー―対談 夢枕獏・野村万斎
平安時代の食う、寝る、遊ぶ(山口博)
安倍晴明その謎と魅力に迫る―対談 夢枕獏・志村有弘
陰陽師シリーズ登場人物・作品詳解


小説陰陽師のファンブック的な一冊。
さまざまな雑誌に掲載された著者のコラムや、映画陰陽師のシナリオ原稿、陰陽師シリーズ内に出てきた妖怪や酒の肴が一覧表記された作品詳解が掲載されています。

この本の中で一番うれしいのは最後に掲載された作品詳解。
私は小説を読むとき、印象的な言葉やシーンに付箋を貼って読み返すことがあるのですが、詳解内で抜書きされているシーンがどれもこれもすばらしく、これさえ読めば読み返す必要もないくらいピンポイント。

ファンには垂涎の一品。ただし、過去の作品を読んでいたり映画を見ていないと、コラムなどで多少おいてきぼりを食うことになります。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

「分かりやすい教え方」の技術

「分かりやすい教え方」の技術(ブルーバックス)「分かりやすい教え方」の技術(ブルーバックス)
(2008/12/19)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


分かりやすい○○の技術シリーズ最新作にして最高傑作。できればもっと早く読みたかった。

目次

第1章 その教え方はなぜ「分かりにくい」のか(ダメな教え方がいっぱい!、ダメな教え方をするのは誰か)
第2章 「教える」とはどういうことか(「説明する」と「教える」、「教える」の五つのポイント)
第3章 「分かりやすく教える」五つの心構え(先生役を気楽に引き受けよ、生徒をお客様と思え ほか)
第4章 「分かりやすく教える」八つの技術(生徒のレベルに合わせよ、「目標」を認識させよ ほか)
第5章 「分かりやすく教える」チェックリスト


大学で学生として授業を受けていると、先生によって「教える」という技術に明確な差があることにいやというほど気づかされます。ちなみにここで言う「分かりやすい」というのは、内容が容易であるということではなく、生徒自身に考えさせることも含めた「分かりやすい」です。簡単に単位がもらえて生徒たちから軽く見られている先生は論外。

特に第一章のダメな教え方一覧は、その一つ一つの項目を読むたびに「ああ、○○先生のことだな」と顔が思い浮かびます。いや、自戒も込めてですが。

サークル内でも、本人は後輩に教えているつもりでも、高圧的に(自分にとっての)正論をぶつけやる気を失わせるような先輩が必ず一人や二人はいるものです。そういう人たちはとりあえずしゃべらないでほしいですね。多分、何もしゃべらないことが一番プラスです。

教師だけでなく、何かを教えようとする人すべてに読んでほしい一冊です。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

Rubyレシピブック 第2版 268の技

Rubyレシピブック 第2版 268の技Rubyレシピブック 第2版 268の技
(2007/02/01)
青木 峰郎後藤 裕蔵

商品詳細を見る


レシピブックとは、プログラミングでやりたいことから逆引きで調べるためのサンプルコード集のことです。他の言語だと、クックブックと呼ばれてたりします。

Rubyで簡単なスクリプトを組むときよく参考にしています。
たいていのことはフリーソフトを駆使すれば何とかなったりするのですが、駆使しないとなんともならないことが多いので自分でプログラムしたほうが早かったりするんですよねぇ。

あれってどうコードを書けば実装できるんだっけと度忘れしてしまったとき、手元に一冊あると非常に便利で安心できます。一家に一冊オススメです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

知性の磨きかた

知性の磨きかた (PHP新書)知性の磨きかた (PHP新書)
(1996/11/05)
林 望

商品詳細を見る


 物知りになったら、もうそこでおしまいなんだ。そうじゃなしに、この本の読者、特に若い方々にいいたいことは、「まず絶対に一つのことに邁進しなさい。しかも十年間一つのことをじっくりと修行して、揺ぎない方法というものを身につけなさい。


アルバイトでパソコン教室の先生をやっているからか、知識やスキルを身につける方法論に興味があります。

どうすれば効率よく学べるのか? どうすれば身につくのか? 逆に、どうすれば学んでもらえるのか? どうすれば身についてもらえるのか? 常に悩んでいます。

前提条件として、自分が教えられるだけの実力(教え方の実力ではなく、教える分野における実力)をつけるというのは当然ですが、それだけでは人に教えることはできません。プロ野球の選手が誰でもコーチや監督になれるわけではないのと一緒ですね。私がプロの実力があるというわけではありません。

この本の中で、

 この「方法」というのはね、冒頭でもお話しましたが、一つはまず、今までの人がどうやって研究してきたかっていうことをトレースすること。そして、もう一つは、一つ一つの言葉にどのようなバックグラウンドがあるか、ということを細かにみていくことです。


という記述がありましたが、これは方法論を身につける方法論(変な日本語ですね)としても有益だと思いました。

ある方法論を身につけようとするとき、今までの人がどうやって身につけてきたかということをトレースすること。そして、もう一つは、一つ一つの方法にどのようなバックグラウンドがあるのか、ということを細かにみていく。

今人がとった方法を調べようとしたら、ネットで調べれば五万と答えは見つかります。それらをトレースし、自分の中に取り込むことで、自分の中の方法を強化できるような気がします。実践してみないとわかりませんが。

とにかく、やってみる。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

次世代プロフェッショナルの働き方

次世代プロフェッショナルの働き方―27歳からのシゴト論次世代プロフェッショナルの働き方―27歳からのシゴト論
(2006/06)
山田 太郎

商品詳細を見る


私は今年20台半ばに突入しますが、いまだ学生として大学に所属しています。
つまり、社会人になるころには、周囲よりだいぶ遅れをとるということ。

今後就職活動も、就職した後も苦戦が予想されるので、今のうちから学べるものは学んでおきたいといろいろな本に手をだしています。スキルを磨くといっても、今のところ資格を取るくらいしか思いつかないので、最近よく読むのがこの本のような、著者の体験談が書かれたビジネス書です。

この本の著者は、外資系のコンサルタントを得て自ら起業した製造業を専門とするコンサルタント。
私が実際に働いた経験がないからでしょうか、いまいちコンサルタントという仕事がぴんときません。

全体的にパワフルな主張が目立ち、読みながら腰が引けてしまいますが、卒業し就職したときの年齢的な条件が私と近い著者の経験は、とても貴重なモデルです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

[Ruby]フォルダ内画像ランダム表示ツール

先日書いたスクリプトですが、あまりにも適当だったので、少々手を加えました。

以下がそのコード。
#!/usr/bin/ruby

dr = Dir.pwd
files = Dir.glob("*.{jpg,JPG}\0**/*.{jpg,JPG}\0**/**/*.{jpg,JPG}")
fullname = dr.to_s + '/' + files[rand(files.size)].to_s
pass = fullname.gsub("/" , '\\')

system('C:\WINDOWS\system32\rundll32.exe C:\WINDOWS\system32\shimgvw.dll,ImageView_Fullscreen ' + pass)


フォルダ内に入れて起動すると、拡張子がjpgかJPGのファイルを二階層下までのディレクトリ内から検索して、ランダムでWindows標準のビューワで表示します。うん、シンプルっていうか、あんまかわってないですね。

一応需要があるかわかりませんが、exe化したので配布します。
フリーソフト:RandomViewer(zip形式)

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。