スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT用語がわからない!をなくすために

 いや、別にIT用語だけに限らないのですが。

 PC関連の技術は日進月歩。毎日毎日新しい用語が生まれているといっても過言ではありません。ネットを巡回してると???な用語にぶつかることも多々あります。

 そんなとき、気軽に聞ける相手がいれば問題ないのかもしれませんが、いつまでも相手に依存していると自分のリテラシー能力(読み書き力)が向上しません。

 と、いうわけで難解なIT用語をどうやって調べればわかるようになるのか、お勧めのサイトを紹介しながら書いてみようと思います。


 まずは基本。ググれ

 みもふたないように見えますが、すべての心理はここにあります。逆説的に言うと、Googleに無い情報を自分ひとりで探すのはかなり困難です。

 探し方は、「○○○(調べたい用語)とは」と検索ワードに入力するだけ。もう少し細かく条件(その用語に関連するワード)がわかっているなら一緒に入力すると、目当ての情報が見つかる可能性が広がります。とにかく、IT関連に興味があるならGoogleを使いこなせるようにがんばりましょう。
 問題は確かに解説ページなどにたどり着くことはできるけど、そのページの説明文がわかりにくかったりすることが多いことでしょうか。その辺はあきらめましょう。

※参考サイト「グーグルマニア


 次もまあ基本「Wikipediaで検索

 Wikipediaとはネット上でリアルタイムに更新され続けてる百科事典のこと。ここで調べるとIT用語だけではなく、授業中に出てきた用語を見ることもできるので重宝する。ただし、誰でも更新できるという特性上完全に信用できる情報と言い切れないのが厄介。参考程度にとどめるべきかも。


 次はお勧め「マンガで学ぶ♪アリサのネット難解最新用語講座

 見事なまでにタイトルのまんまな内容。萌えかどうかはわからないけど、きれいな絵でコミカルにネット用語を紹介し、文章で詳しく解説している。詳しく知りたいわけではなく、その用語が一体何なのかを手早く気軽に知りたいときはこのページに載ってないか調べて見るのもいいかも。ただ、やはり情報的には完璧ではない。というよりその用語が一体何なのかを解説しているだけなので、物足りない部分はどうしようもないとあきらめるしかない。関連ページへのリンクもほとんどないし、ね。Googleと組み合わせると強力かも。

※関連ページ「マンガで学ぶ♪アリサの最新デジタル用語講座
上記ページは更新が終了しており、今はこっちで連載中。


 いかがだったでしょうか?
 ほかにもこんなページが便利だよ!という情報があったら教えてください。(紹介:BASARA)

テーマ : お勧めサイト - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。