スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転の一手

現在の次世代ゲーム機のシェアはWii、XBOX360、PS3の順で、WiiとXBOX360がPS3を大きく引き離しています。

この勢力図が将来塗り変わる可能性があるそうです。

2009年には次世代ゲーム機の世界的なシェアが一変するかもしれません

次世代ゲーム機の全世界的な販売台数はWiiが1150万台、Xbox360が1090万台、PS3が460万台だそうです。

しかしこれからソニーがPS3をゲームコンソールとしてのみでなく、エンタテイメントコンピュータとして積極的に宣伝を行い、同時に有名なカラオケソフト「Singstar」を含めたゲームソフト開発に注力することで、2009年の全世界的な販売台数はWiiが5210万台、PS3が4230万台、 Xbox360が3040万台になるであろうとしています。



ほんまかいな。
ちなみにSingstarとは、PS3で発売予定(というかゲーム自体は三年前に発表されてた)の対戦型カラオケゲームのこと。
有名な歌手のPVの映像と共に付属のマイクで歌い、カラオケの採点機能を使って点数を競いあうという、そんなものカラオケルームでやれよって感じのゲームです。



薄い壁に囲まれたアパート暮らしの私としては、そんなゲームが出たとしても思う存分遊べる環境ではありませんし、それこそ「カラオケルーム」という特殊な場だからこそ全力で声を出す楽しみがあると思うのですがね。

正直、このソフトに期待するのはいかがかと思いますが、エンタテイメントコンピュータとして利用するっていうのは理にかなっているかもしれません。

数台つなげばスーパーコンピューターの変わりにもなるというゲーム機として間違ったスペックを持っているPS3ですから、戦略をそちらにシフトすればまだまだ勝ち目はあると思います。


高いから私は買いませんけど。

関連記事
  • PS3のおいしい食べ方

  • Pの悲劇
  • テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。