スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:時間泥棒を探せ!

 タイトルに偽りあり。

時間泥棒を探せ!時間泥棒を探せ!
(2007/06/21)
夏川 賀央

商品詳細を見る


 この本は、自分の時間を盗んでいく時間泥棒に、いかに対処するか、などということは書いてありません。(多少は書いてあるけど)

 日常の様々な出来事に対して、自分がどう「考えるか」、どう「行動するか」。
 それをしっかりと認識していないと、結局は自分自身が一番の時間泥棒になってしまいますと指摘しています。

 あー耳が痛い。

 本の終盤でそんなこと言われても、じゃあどうすりゃいいんだと思いながらこの本を読み返すと、“困惑するだけの読書”という時間泥棒の魔の手から逃れることが出来るかもしれません。

 ようするに、何をするにしても「自分という主体」を意識しようってことなのでしょうか。

 内容は薄い(というより読みやすい。まあ薄いんですけどね、実際)ので、無意識の読書と意識的な読書を気軽に経験できるのがこの本の一番の利点かもしれません。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。