スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:悪の読書術

悪の読書術 (講談社現代新書)悪の読書術 (講談社現代新書)
(2003/10/20)
福田 和也

商品詳細を見る


 本それ自体に文化的な「格差」が存在し、それゆえに読書家は自らを高い位置にいるように“見せる”ための読書が必要である、と説く異質な読書術指南書。


 本当にそれが真実かどうかは別として、人にどう見られるかをコントロールするための読書という新しい読み方を提示しているのは非常に興味深い。

 私も、この歳でかいけつゾロリが大好きだとはなかなか言い出せないも、そういった意識が本を読むうちに自然と自分の中に芽生えているからなのだろうと思う。


 ただ、それでも本書を受け入れがたいのは、基本的に私が「人にどう見られようが気にしない」という性質が大部分を占める(もちろん上記のように、多少の恥じらいはある)からだと思う。

 もう少し、自分の中に「人にどう見られるか」という意識を確保してもいい気がするが、多分、しない。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。