スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評?:モルグ街の殺人事件

モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)
(1951/08)
エドガー・アラン・ポー、佐々木 直次郎 他

商品詳細を見る


 青空文庫にあったモルグ街の殺人事件を携帯で読んでみました。

 図書カード:モルグ街の殺人事件 はてなユーザーの評価

 推理小説の古典中の古典。
 正直、翻訳が微妙(辞書片手に訳した感じ)で、読みづらいことこのうえなし。

 この探偵役のデュポンというキャラクターを見ていると、ご先祖がこれなら、今の探偵小説の登場人物の正確も歪むよなと納得しました。

 奇天烈、直情、そして傲慢。
 読んでるだけなら楽しめますが、実際に自分の周りにこんな人がいたら鬱陶しくてかないませんね、きっと。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。