スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ウェブ人間論

ウェブ人間論 (新潮新書)ウェブ人間論 (新潮新書)
(2006/12/14)
梅田 望夫、平野 啓一郎 他

商品詳細を見る


 “こちら側”と“あちら側”で情報をとらえている二人が、それぞれのウェブという新しい(というにはあまりにも一般化しているけど)存在をどう捉えているのかを、対談という形で確かめ合うといった内容。


 なのですが、どちらかというと平野という作家が自分のウェブ論を発表するために書かれているという印象をうけました。

 梅田氏がそれほど(私にとって)目新しい主張を示さなかったという点もありますが、平野氏の文章の節々にネットに対する嫌悪感(恐怖感?)が見て取れたせいかもしれません。

 必要以上に、ネットの目を気にしている感じ。

 しかし、共に出版という産業にかかわりながら、そのプラスの側面に強い期待をしめす梅田氏と、マイナスにばかり目が行きがちな平野氏の対談は非常に興味深く、示唆に富んでいました。

 特に、現在文芸一本で生活をしている平野氏が、ネットというものをどう捉えているのか、今後どうなると考えているのか、新鮮な内容で考えさせられるものでした。

 この本を読んでいると、様々な自分なりの考えが浮かんでは消え、浮かんでは消えて行きますが、はっきりしたのは本という形態がどう変わろうと、ネットがどんな方向に進もうと、やっぱり読書が好きってこと。
 平凡だけど、自分にとって読書っていうものが大きな位置を占めているのを再確認できた本でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。