スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:知的生産の技術

 知的生産に関する書物の元祖、本家、始祖。
 なんたってこの人が「知的生産」という言葉を作ったのですから。

知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
(1969/07)
梅棹 忠夫

商品詳細を見る


 その“技術”に関しては、さすがに古さを感じずにはいられませんが、それより驚くのが、知的生産におけるその先見性です。
 もう、随所に「エスパーかあんたは」と言いたくなるような発言がちらほら。

 情報の生産、処理、伝達、変換などの仕事をする産業を全てまとめて、情報産業とよぶことができるが、その情報産業こそは、工業の時代につづくつぎの時代のもっとも主要な産業となるだろうと、私はかんがえている。
(P.11)


 ややさきばしったいいかたになるかもしれないが、わたしは、たとえばコンピューターのプログラムのかきかたなどが、個人としてもっとも基礎的な技術となる日が、意外にはやくくるのではないかとかんがえている。
(P.15)


 これはほんの一部の抜書きですが、この本が書かれたのが今から40年以上前であることを考えると、驚嘆せざるえません。
 きっと、著者が民俗学やに通じていることから、こういった先見性と呼ぶにはあまりにもぶっとんだ“時代を見る力”を得ることができたのでしょう。もっとも、民俗学やってる人たち全てがこんな超人ばかりだとも思えませんが。

 なにはともあれ、驚きっぱなしの読書時間でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント

こんばんは。

たしかに様々なビジネス書で分かりやすく言い換えられているので、古さは感じますね。

ただ、totobookさんも書いているように
『知的生産の技術 』梅棹 忠夫
『知的生活の方法』渡部 昇一
『考える技術・書く技術 』板坂 元
このあたりからエスパー臭がするというのは激しく同意。

ですよねぇ

この日とたちが現代に生まれて今こういった本を書いたとしたら……どんな未来を書くのかちょっと興味がありますw

こんにちは

totobookさんはじめまして。

「知的生産の技術」最近読みました。そして驚きました。この内容が40年前のものなんですよね。この本のように、いろいろな考え方の基礎になっている本をもっと読みたいな、と思います。

totobookさんのブログは本のセレクトが素敵ですね。また来ます。






>あやさん
はじめまして!

基礎の本って読んでると、既視感はあるけどやっぱり面白いんですよね、密度が濃い感じで。
またいらしてください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知的生産の技術 (岩波新書)

知的生産の技術 (岩波新書)(1969/07)梅棹 忠夫商品詳細を見る 読みたいと思っていた本でした。響きが良くて、最近ビジネス書で整理、思考法系の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。