スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:アホでマヌケなアメリカ白人

 どこもかしこも馬鹿ばっか。

アホでマヌケなアメリカ白人 (ゴマ文庫)アホでマヌケなアメリカ白人 (ゴマ文庫)
(2007/12/05)
マイケル・ムーア

商品詳細を見る


 米社会を痛烈に批判する刺激的な映画を作ることで有名なマイケルムーア監督が執筆した、これまた刺激的な一冊。

 映画と同じく、全編アメリカに対する嘆きと皮肉、そして“頼むよほんとに”と言いたげな嘆きを読み取ることができます。

 この本を読んでみて感じるのは、日本もアメリカもおかれている状況は違えど、根本に抱えている問題が重なっていることです。

 つまり、ろくなトップ(政治家)がいない。

 まあ、だからと言ってヒトラーやムッソリーニみたいな人間が量産されても困るのですが、この人に国の命運を託したい!と思える政治家がいないという現状はさびしいものです。

 日本と米国の決定的な違いは、こういった現状をエンターテイメントに仕立て上げられる人間がいるかどうかなのかもしれないと、本書を読みながら思いました。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。