スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:生物と無生物のあいだ

 生きてるって、何?

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


 生物学者である著者が、現在の生物学がどのような変遷をたどって形作られたか、そのなかで描かれるドラマ、人間模様や挫折・苦悩を描いた傑作。

 紛れも無く傑作ではあるのですが、私の理解力では、内容の1割も理解したと言い切ることが出来ないのが悔しい。工学系が専門だからといいわけをすることはたやすいけれど、そこを逃げずに何度も読み返し、他の生物学の入門書にもチャレンジしてみたいと思います。

 なにより、内容の1割も理解できていない自分が、はっきりと傑作だとわかることが傑作(自嘲の意味で)です。多分、頭の中でものすごい勢いで分かった“つもり”で処理がなされているからなのでしょう。

 多少、文学的に書かれすぎているのが気になります。もう少しその部分を削って解説を分かりやすくしてくれれば……とも思いますが、この“文学的”という要素が無ければこれほど読みすすめることが出来たか自信がありません。バランス、なのですかね。

 今回は図書館で借りたので、改めて購入したいと思った一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。