スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:こうすればカラーコーディネーターになれる。

 試験勉強を始める前に。

こうすればカラーコーディネーターになれる (ライセンスガイド)こうすればカラーコーディネーターになれる (ライセンスガイド)
(1998/02)
ハウジングエージェンシー研修事業部

商品詳細を見る


 ホームページ製作をしているとき、自分の色彩センスの無さに嫌気がさすことがあります。そこで、センスが無いなら知識で補おうとカラーコーディネーター試験を受けてみようと考えているのですが、そもそも名前がそれっぽいから選択した資格なので、どういった知識が必要なのか、どんな試験なのかを把握していないため本書を手に取りました。

 10年近く前に出版された本ですので、最新の情報ではないのですが、色に関する知識が急激に変化することは無いと思うので、あまり気になりませんでした。

 この本一冊で、資格の意義、将来性、使い道、勉強方、具体的な学習内容のさわり部分を知ることが出来ます。全体を満遍なく網羅しているので薄い印象を受けますが、勉強のためで無く“知る”ために読んだので十分な内容だと思います。

 特に、3級と2級の学習内容を解説が少ないページ数で伝えるため非常に簡潔に書かれているため、理解しやすくまずはこの本の内容を把握してから参考書などに手を出そうかと考えています。

 それにしても、色彩センス欲しいなぁ……。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。