スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:世界一やさしい問題解決の授業

 ほんとうに世界一やさしかった。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る


 問題解決のための考え方、ツールの使い方、注意点を物語と図を使いながら“やさしい”形で教えてくれる良本です。
 この方法を習慣にすることができれば、問題解決能力は数倍に跳ね上がることでしょう。

 ただ、あまりにも読みやすいためついつい読み飛ばしや、理解が半端なまま次に進んでしまうので、何度も読み返すことをお勧めします。実際、「○○の木」シリーズなどのツールは、実際に使ってみてから本書を読むとさらに理解しやすいはずです。いや、えらそうなこと言えるほど使いこなせてるわけではないのですが。

 個人的に一番興味深かったのは3限目の「目標を設定し、達成する方法を決める」。目標を決めても、それに対してアクションをなかなか起こさない自分に苛立ちを感じているので、実際に行動を起こすにはどうしたらいいかを見せてくれるこの章はかなり読み応えがありました。

 また、パソコン教室で生徒さんに教えるときに、どうやったら理解してもらえるか、どうしたらうまく伝えられるかを考えるのにも使えそうです。この本も図書館で借りた本ですが、購入することに決めました。お勧めです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。