スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:思考の整理学

 思考の呼び水。

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


 1986年に出版され、なぜか最近になって脚光を浴びだしている発想や思考の楽しさを伝える本です。最初この本を手にとった時は、知的生産系のノウハウ本かと思ったのですが大間違い。この本は、そんな“やさしい”本ではありませんでした。

 この本が最終的に目指すのは「自立して思考できる」状態になること、です。

 学校の教育は、考える内容もそのプロセスも教えることで「隷属して思考できる」人間を生み出しています。しかし、コンピューターという万能の奴隷が一般家庭にすら普及し切っている現代に、隷属するだけの人間では生き残れないということでしょうか。

 著者は、自信の発想の元を小出しに紹介することで、私たちの奥深くに沈んでいる思考を無理やり呼び出そうとしているように読み取れました。だからこそでしょう、この本、やさしくないです。

 私が普段読んでいるノウハウ本は、ベストセラーが多いこともあり、わかりやすさ、読みやすさ重視で書かれています。

 しかしこの本は、一章読んでは本と目を閉じ考えまた本を開くといった、読むと考えるという動作が対になった“読書”をしないと読みとれない印象を受けます。そうして、読みながら自分の考えを“整理”していき必要なときにすぐ取りだせるように準備していく感覚。読み終わるまでに時間はかかりますが、思考のピースがはまっていくような、心地よい刺激をうけることができる一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。