スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:「ご冗談でしょう、ファインマンさん」

 このおっさんおもしろすぎ。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る


 ノーベル物理学者であるR・P・ファインマンの自伝書です。マンハッタン計画に参加していたこの人のことを手放しにほめるのは日本人として少々気がとがめる部分もあるのですが、それを忘れさせるくらいユーモアにあふれた奇人です。

 物理学者なのにドラムを叩いてリオのカーニバルに参加し、絵筆を取れば個展を開き、神学校の生徒たちと科学について議論する。

 何がやりたいのか良く分からない、一貫性が無いといえなくもない、けれど好奇心という病気にとりつかれた人生とはこれほど面白い物なのかとワクワクしながら読んでいました。

 自伝書がおもしろかったのって、初めてかもしれない。
 学習・理解・工夫という、この人のスタンスを見習いながら大学で勉強したいと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。