スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:思考のレッスン

 私にとっては文章レッスン。

思考のレッスン (文春文庫)思考のレッスン (文春文庫)
(2002/10)
丸谷 才一

商品詳細を見る


 この本を思考法のノウハウ本として読むと、いまいち物足りない、伝わらない、理解できない。それはなぜか?

 私の愛読している知的生産の技術と読み比べて見て、どこが違うのかを検証した結果、二つの要因を見つけることができました。


◆要因その1:私の知識不足(もしくは著者の説明不足)

 歴史上の事件、人物、学者などの説明が少なく、そもそも何を例として紹介しているのかが理解できません。おそらく、この著者が想定した読者には自明の内容なのでしょう。

 そもそも民俗学や和歌などを出して美しいとか奇麗って表現されても、その素養が無い人間にはなーにいってんだこのおっさんくらいにしか思えません。

 ああ、けど、和歌を詠んで「これはいい」と思える人って、素敵かも。これは私の勉強不足が原因ですね。けど、けっこうハードル高い本だなこれ。



◆要因その2:鼻につく。

 いや、別にえらそうなのは先生だから(レッスンを受けてるんだから、著者は先生です)当然ではあるのです。けど、先生の知識のすごさや着眼点のすごさ、知識の深さなんてものを知りたくてこの本を読んでいるわけではないので、鼻につきます。

 さらに、この本が対談形式で書かれているため、インタビュアーが先生をほめていると生徒は置いてきぼりにされた気分です。こっち向いてよ先生。



 この二点のために、とっつきにくい本という印象が私の中から消えません。

 しかし、レッスン5とレッスン6の考え方・書き方の項目はなるほどと思える部分が多く、最初からこの部分だけ読めば良かったと少々後悔。まだまだ、読書の技術が未熟なようです。

 文庫本という手軽な見た目と裏腹にかなりハードな本だったので、もう少し古典に対する知識をつけてから読み直したい一冊でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。