スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系のための口頭発表術

 苦手だからこそ学びたい。

理系のための口頭発表術 (ブルーバックス 1584)理系のための口頭発表術 (ブルーバックス 1584)
(2008/01/22)
R.H.R. アンホルト

商品詳細を見る


 4月は始まりの月(もう終わりかけてるけど)。サークルにも新入生がわんさかやってきます。そして毎年恒例の自己紹介タイム(壇上に一人ずつでて名前や好きなゲームなどの紹介)があるのですが……あまりにもつまらなすぎる。幼稚すぎる。稚拙すぎる。

 特にひどいのが上級生。新入生は、場に慣れてないこともあり無難に、シンプルに済ませようとするので感動も無い分落胆もありません。
 しかし、上級生は無駄にウケようとしているのかなんなのかやたらがんばっちゃう人が多く、正直聞くに耐えません。早く終わらないかとうんざりしつつ、じゃあどうしたらうまい発表ってできるんだろうと思ったのが本書を手に取ったきっかけです。

 理系と冠に掲げているとおり、何かと人前で発表する機会を“もたされる”理系大学生に向けて、主に研究発表をする場合のノウハウが詰まっています。もちろん大学生だけでなく社会人にも共通する方法なのですが、例としてあげているのが理系(というか生物学)のかなり狭い領域の内容なので、なるほどと納得できるのか疑問です。私はできませんでした。

 ただ、人前で発表することを苦手にしていてはパソコン教室の先生なんてやってられないので、がんばって習得することにします。まずは、パワーポイントのノウハウから重点的に読み返して実行していく予定です。

 パワーポイントなら見るのは自分ひとりだけですから!

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。