スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:脳とコンピュータはどう違うか

 結局どう違うんだろう。

脳とコンピュータはどう違うか―究極のコンピュータは意識をもつか (ブルーバックス)脳とコンピュータはどう違うか―究極のコンピュータは意識をもつか (ブルーバックス)
(2003/05)
茂木 健一郎、田谷 文彦 他

商品詳細を見る


 “人工知能”という響きにひかれて手に取りました。今まであまり学習してこなかった分野なので、なかなかすんなり理解することはできませんが、面白いですね。

 一通り読んで理解した範囲での結論としては、

まだまだわからないことだらけ!
理論上は可能っぽいよ!
けどそれだけじゃ説明つかないこともたくさんあるよ!

ってことでしょうか。結局まだまだ完成にはほど遠いようです。量子コンピュータが完成すればすごい発展が!という話も聞いたことがあるのですが、そのへんどうなんでしょう。この本では取り扱っていないので、ほかの本を読んでみることにします。

 ああ、けど、人工知能、ホムンクルス、箱の中の生命。

 魅力的過ぎてよだれがでそう。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。