スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:ウケる技術

 笑いが取れれば万事解決。

ウケる技術 (新潮文庫 こ 41-1)ウケる技術 (新潮文庫 こ 41-1)
(2007/03)
水野 敬也、小林 昌平 他

商品詳細を見る


 人を笑わせる方法を、技術論として語った珍しい一冊。

 納得いく部分もあり、いかない部分もあり、なるほどと驚く部分あり冷める部分ありと盛りだくさんではあるのですが、何より笑いというつかみにくいものを技術論として語っている姿勢が斬新で非常に楽しく読めました。

 特に、文庫版で書き下ろされた「メール編」を読んでみて、今まで何で彼女にメールのことで怒られ続けてきたのかなんとなくわかった気がしました。うん、やっぱり常に返信が一行のみじゃいけないんですよね! ちゃんと伝わる文章でメールもしないといけないんですよね! めんどくさいけど!

 ……コミュニケーションってほんと難しい。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウケる技術

コミュニケーションをとるときに、自分がもう少し器用ならなぁと思い後で後悔することは生きていて多々あります。そんなケースを少しでも減...

ウケる技術

ウケる技術 (新潮文庫 こ 41-1)(2007/03)水野 敬也小林 昌平商品詳細を見る コミュニケーションをとるときに、自分がもう少し器用ならなぁと思い...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。