スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:スタバではグランデを買え!

 おいしい値段の秘密。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
(2007/09/14)
吉本 佳生

商品詳細を見る


 普段何気なく買っている商品の値段が、どういった仕組みで決められているのか。100円ショップとコンビニで売られる同じ表品の値段の差はどこからきているのか。そんな経済の疑問をわかりやすく教えてくれるのがこの一冊。

 これほどの厚さの本を一気に読んでしまったのはタラ・ダンカン以来ですよ(けっこう最近だけどあっちは小説)。

 この本の一番のキモは“コスト”。

 自分たちがその製品を手に入れるまで、サービスを受けるまでにどれほどのコストがかかっているか、またそれを減らすために企業がどのような工夫をしているかが具体的な例を交えて紹介されているのですんなり理解できます。

 全体的にわかりやすかったのですが、唯一ひっかかったのが第七章の「経済格差が、現実になかなか是正できないのはなぜか?」という内容。その中の比較優位がちょーっと自分の中でまだ未整理の状態です。読み返してみます。

 一冊読み終えると、世の中のことを少しだけ深く知ったような気になれます。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。