スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:量子コンピュータ

 わかった、とはいえない。

量子コンピュータ (ブルーバックス)量子コンピュータ (ブルーバックス)
(2005/02/18)
竹内 繁樹

商品詳細を見る


 量子力学と、その概念を用いて作られる(はずの)量子コンピュータについて解説した一冊。ネット上の書評を読むと、大部分の人がわかりやすい!と評価しているにもかかわらず、読んでみてさっぱりわからなかった。

 自分の脳みそが原因かもしれないが、そういった評価と自分の違いを考えてみると、そもそも量子というものがとても説明が難しい存在で、ある程度わかっていても人にそれを伝えるのが難しいと思っていた人たちが読むと「なんてわかりやすく書いてあるんだ!」となるのではないかと。そしてわからない人が読むとやっぱりわからない。

 コンピュータについてなど、解説部分も少々物足りないものを感じるので、この一冊だけでなくいくつか読まないと理解は難しそうです。けど、大学でこれからわからないじゃすまなくなりそうなんだけどなぁ……。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。