スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:EREMENTAR GERAD 隠された月虹宝珠

マッグガーデン ノベルズ 小説 EREMENTAR GERAD~隠された月虹宝珠~ (MAG‐Garden NOVELS)マッグガーデン ノベルズ 小説 EREMENTAR GERAD~隠された月虹宝珠~ (MAG‐Garden NOVELS)
(2005/08/29)
東 まゆみ朝香 祥

商品詳細を見る


 後輩に漫画を赤青そろえて全巻読ませてもらい、さらに小説まで読ませてもらえました。いやー、いいですねEG。ヒロインが武器となって主人公と一緒に戦うという、中学生の妄想バリバリの設定もそうですが、キャラクターも好き勝手デザインしました!って勢いがびんびんに感じられますよ(ほめてます)。

 さて、小説のほうですが、漫画版の主人公は登場せず、仲間の過去(もしくは未来?)という設定で、完全オリジナルストーリーです。スクエニ系の漫画原作小説はたいていそうなのですが、漫画本編では描けないお話(漫画の雰囲気にそぐわない、内容と整合性がとれない)を小説でやりつくす傾向があるので非常に好感が持てます。

 この小説もメインはミステリー仕立てとなっており、陰謀渦巻く王宮のごたごたを今回の主人公であるシスカ(漫画本編では主人公の仲間)が解決していくというストーリー……あれ? よく読んでみると主人公、状況を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、何も解決してない。むしろ、何もしないほうがスムーズにお話進んだんじゃね?

 内容がかなり込み入ったミステリーなので、主人公の暴れっぷり(暴走キャラです)が際立ち空気読めてない感がバリバリです。シスカの扱いがあまりにもあれなところ以外は非常に楽しめる内容でした。ただ、やっぱり戦闘シーンは文字で読むには少々厳しいものはありますね。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。