スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:にゃんたんのゲームブック なぞの迷路王国

なぞのめいろ王国―にゃんたんのゲームブックなぞのめいろ王国―にゃんたんのゲームブック
(1992/09)
巻 左千夫岡田 日出子

商品詳細を見る


 難しくね、これ?

 子供のころから遊び続けたゲームブック。古本屋で安かったので思わず購入。現在Web上で遊べるゲームブックを作ろうと模索しているので、その参考に。

 しかし、このゲームブック子供向けと侮れません。選択肢一個間違えるだけで即ゲームオーバー。三つの選択肢のうち正解は一個だけで、しかもノーヒントなんてざらです。

 よく投げずに遊んだよな過去の俺……。

 子供の書き込みらしいものが随所にあり、まあ古本なので仕方ないなぁと思う反面、存分に遊び倒されたゲーム(ブック)を見るとほんわかした気持ちになります。これだけ遊ばれれば本も本望でしょう(しゃれではありません)。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。