スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:馬鹿のための読書術

バカのための読書術 (ちくま新書)バカのための読書術 (ちくま新書)
(2001/01)
小谷野 敦

商品詳細を見る


概要


 バカ(勉強ができないことではなく、難解な哲学などがわからない人という定義らしい)が難しい本(まあようするに、哲学系の本のことでしょう)を読むときにどうしたらいいか、という話、らしい。


こんな人にお勧め


 正直お勧めできない。


感想


 本書を読んでいて疑問に感じるのは、著者って別に「バカ」じゃなくね?という点。

 なんだかインテリに対し斜めに構えている所が見受けられるが、世間一般から見たらこの人も十分インテリなのだと思う。

 それに前回のひねり出す時間術の書評にも書きましたが、ノウハウに万人共通はなく、だからこそ著者の性質を前面に押し出し、私ならこうするといったスタンスで書かれた本こそ読んでいて参考になります。

 ですがこの本は「してはいけない」「べきだ」のオンパレードで、押し付けられてる感が強く読んでいて納得も共感もできませんでした。っていうか、たぶん勉強を楽しんでできた記憶のある人に「バカ」の感覚は一生わからないと思う今日この頃でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。