スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:調べる技術・書く技術

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)
(2008/04/18)
野村 進

商品詳細を見る


概要


 ノンフィクションライターが、ノンフィクションを書くための調査(文献、取材など)から書き方(書き出しから推敲まで)を丁寧に解説したノウハウ本。


こんな人にお勧め


 ノンフィクションで本を書きたい人。どういった流れでノンフィクションという文章が作られるのか、その流れを知りたい人。


感想


 こんな本を読んでおいてなんだが、私はノンフィクションと呼ばれる本がいまいち好きになれません。生々しすぎるからかもしれません。

 ならなぜ手に取ったかというと、その“生々しい”文章は、どうやったら表現できるのか。そのためにライターがどのような技術を使用しているのかが気になったからです。

 本書を読んで、その気になった点は十分に満足いくだけの納得を得ることはできたのですが、中に書かれた例文を含めてやはり全体的に、(現時点で)私はノンフィクションがやっぱり苦手だと改めて感じました。本としては、すばらしい出来なんですけどねぇ。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。