スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:売文生活

売文生活 (ちくま新書)売文生活 (ちくま新書)
(2005/03/08)
日垣 隆

商品詳細を見る


概要


 作家日垣隆(通称ガッキー)が、物書きの給料とも言うべき原稿料について、その値段の根拠となる背景や歴史を踏まえつつぶっちゃけトークを繰り広げる内容。


こんな人にお勧め


 作家の給料に興味がある人。実際、作家はどのくらい儲けているのか知りたい人。


感想


 想像するに、ある程度キャリアのある作家だったら原稿料について、いいたいことは一言も二言もありそうなのに、今までそういった本をあまり見かけない(見かけても食っていけないとか、ネガティブな感想だけだったり)のは、やはり日本人特有(?)の「お金についてあーだこーだ言うのははしたない」という意識があるからなのでしょうか。

 読者としては読んでいて非常に面白い読み物なので、もっと多くの作家に本音トークをして欲しいのですが。

 別に作家に限らず、個人の腕で飯を食べようと思えば、大変ですよね、やっぱり。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。