スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える技術・書く技術

考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)
(1973/01)
板坂 元

商品詳細を見る


概要


脳の使い方から発想法、文章術まで幅広く扱った知的生産技術書。

こんな人にお勧め


 知的生産に興味のある人。

感想


 いわゆるカード五書(情報カード愛用者たちの古典)中の一冊。

 ちなみに他には「知的生産の技術」「知的生活の方法」「発想法」「ストレスフリーの仕事術(これは古典じゃないが)」があります。

 本書を読むと、同じ五書である知的生産の技術や知的生活の方法に比べるとどうしても見劣りします。どちらかというと、発想法を呼んだときのような、「ふーん」とは思うけど参考にしたいという気になりません。

 どうしてそうなのか理由を考えると、上記知的生産二書に比べると私の部分(主張ではなく、著者の人格や生活が見えてくる部分)が少ないからかもしれません。

 基本的に私が天邪鬼な生活なので、著者の人となりを見て真剣に読むかどうか決めることが多々あります。文章の先にその人が見えないとどうしても集中して読むことができないんですね。

 説得するための文章など、参考になる内容が多かっただけに、その点が残念でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。