スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:心が大きくなる坐禅のすすめ

心が大きくなる坐禅のすすめ―自分をもっと元気に、強くする法 (知的生きかた文庫 な 32-2)心が大きくなる坐禅のすすめ―自分をもっと元気に、強くする法 (知的生きかた文庫 な 32-2)
(2007/09/20)
中野 東禅

商品詳細を見る


概要


 坐禅の基本的な方法(というか、姿勢や呼吸法など)や、日常生活の中で行える坐禅を紹介してくれる読みやすい本。

こんな人にお勧め


 坐禅に興味がある人。京極夏彦の鉄鼠の檻を読んで気になってた人(私です)。

感想


 別にストレスがどうのこうのというわけではなく、京極夏彦の小説「鉄鼠の檻」を読んでから坐禅というものが気になっていたので、まずは気軽に読めそうな文庫を手にとって見ました。一応本屋で平積みになってましたしね。

 本書で薦めているように、まずは五分だけ試してみましたが集中して呼吸を深く座っていると、確かに頭の中がすっきりしてきます。

 ただ、これが坐禅の効果なのかただ単に呼吸が深くなったことで酸素の供給量が増えたためにおきた現象なのかいまいちはっきりしないんですけどね。

 もうちょっと試してみるつもりです。心が広い人間って、どんな人間なんだろ。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。