スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:レバレッジ時間術(再読)

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
(2007/05)
本田 直之

商品詳細を見る


この人の本は波長があうらしくて、ついつい再読したくなります。

カレンダーを使ったスケジュール法は、一度挫折しています。けれど、今後の学習プランなどを考える必要が出てきたので、もう一度トライしてみようと再読。うる覚えの方法で試すより、しっかり原典を確認することも大事です。

日記代わりに一日の時間も記録をつけることにします。すぐ飽きそうですが。

一度挫折したノウハウも、必要がないからやめたものと、必要だとは思うけれどやめてしまった(挫折した)ものの二種類があります。後者のほうは、きっかけさえあれば積極的に再チャレンジするほうがいいですと思います。挫折したって記憶はいやなものですし。

そのきっかけの一つとして「再読」という手段はありだとお思います。

ビジネス書って、再読に対して否定的なものが多いですよね。けれど、どうせ自分にはこんな方法無理だったんだとノウハウをあきらめてしまった人が再読することでもう一度トライしてみようと思える。

そんな再読の優位性を、私は大事にしています。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。