スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:また、つかぬことをうかがいますが

また、つかぬことをうかがいますが…―科学者も居留守を使う98の質問 (ハヤカワ文庫NF)また、つかぬことをうかがいますが…―科学者も居留守を使う98の質問 (ハヤカワ文庫NF)
(2001/10)
不明

商品詳細を見る


イギリスの週間科学雑誌『ニュー・サイエンティスト』の人気Q&Aコーナーに寄せられた質問と解答をまとめて文庫化。

一ページ一ページが雑学の塊でとても読み応えがあります。こういった科学系の雑学が好きな人にはたまらない内容です。披露する場所が見当たらない雑学ですが。

こういった本を読むと、改めて、科学って面白い。この本の解答の中には、間違った内容も含まれているかもしれません(もしくは当時の科学では“正解”だったが、現在否定された、など)。けれど、世界中の人々が自分なりに仮説をたて、検証して、わかりやすいように工夫して伝えようとしているその過程が見て取れます。

こういったトライ&エラーの繰り返しが、科学の面白さだと思います。たいていエラーなのが困ったところですが。

しかし、八木アンテナなど、イギリスの雑誌に日本人の名前があるとすごい違和感がありますね……。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。