スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:初めてのプログラミング

初めてのプログラミング初めてのプログラミング
(2006/07/24)
Chris Pine

商品詳細を見る


初めてのプログラミングを、Rubyでやるための本。
インターネット上にあるRubyのチュートリアルに、再帰とファイル操作の項目を増やして加筆修正した内容になっています。
それでもページ数170ちょっと、とても読みやすいサイズ。

全体的に、“考えれば”わかるというちょっとひねった説明が多く、頭で考えつつ体で覚えろというスタンスなのかもしれません。

せっかく加筆されてますが、再帰とファイル操作に興味がなければ、ネット上のチュートリアルで十分かもしれません(というか、チュートリアルの完成度が高すぎる)。

気になったのが、各章にある練習問題。問題自体は面白く、自分なりになんとなくそれっぽく動くものを作れるのですが、出来れば模範解答を用意してほしかったです。自分の作ったものと見比べれば、勉強にもなりますしね。

自分で考えてこそ意味があるという理由なのかもしれません。なんという体育会系。それが一番実力がつくんでしょうけどね。

分厚いプログラムの本にしり込みしてしまった人には、学習のきっかけとしてこの本はお勧めです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。