スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:Rubyでゲームプログラミング

Rubyではじめるゲームプログラミング―人気の国産言語で、誰でも簡単にゲームが作れる! (I・O BOOKS)Rubyではじめるゲームプログラミング―人気の国産言語で、誰でも簡単にゲームが作れる! (I・O BOOKS)
(2007/07)
山本 団

商品詳細を見る


国産プログラミング言語であり、ウェブアプリケーション製作有名になRubyでゲームを製作するための(ほとんどが)ライブラリーのMygameを紹介した本です。

Rubyの基礎も(ものすごい端的にですが)一通りは紹介しているので、まだRubyを触ったことがないという人にも安心して読むことができます。

レースゲーム、ノベルゲーム、アクションゲームの三種類を製作することで、ライブラリーをつかったゲーム作成の方法を学べるようになっています。

ただ、各種ゲームのボリュームが小さいことと、この本を読んでこれ以上機能を拡張したいと思ったときどうしたらいいか本書のみを読んでもさっぱりわからないことが難点。

また、今回は用意された素材でゲームを作るため、プログラミング部分はある程度理解できるのですが、実際に作る段階で、素材などをどういった基準で集めればいいのか、または製作したらいいのかがわからないため、他のゲーム製作解説本で別個に勉強するか、悩みながら試行錯誤するしかないのも残念なところです。

ゲーム製作の部分や、クラスの継承などを自然に理解できるようかなり気を配って書かれている本だったので、ゲームの種類を、たとえばアクションなどに一つに絞って一冊の本にしてくれると、すばらしい本だったと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。