スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 凍える機械
(2004/07/08)
藤咲 淳一

商品詳細を見る


SAC(攻殻機動隊のテレビアニメ版)を題材とした小説シリーズの中では、もっともアニメのシナリオ構成に近い本かもしれません。

大小さまざまな事件、人、思想が絡み合い、予想もしていないような大きな事件へ収束していく。そして、その合間にミニストーリー(今回はタチコマが主人公)をはさんで、それもメインのシナリオにリンクさせるなど、アニメ版の展開を彷彿とさせます。

今回秀逸なのはタチコマのショートストーリー。アニメ版で描かれた少女との友情ではなく、女性との恋(と観察できる何か)を体験したタチコマの描写は、電車の中で読んでいて頬が緩みっぱなしで、他の乗客にアブナイ人と思われたことでしょう。

小説シリーズの中では一番のお勧めです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。