スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代プロフェッショナルの働き方

次世代プロフェッショナルの働き方―27歳からのシゴト論次世代プロフェッショナルの働き方―27歳からのシゴト論
(2006/06)
山田 太郎

商品詳細を見る


私は今年20台半ばに突入しますが、いまだ学生として大学に所属しています。
つまり、社会人になるころには、周囲よりだいぶ遅れをとるということ。

今後就職活動も、就職した後も苦戦が予想されるので、今のうちから学べるものは学んでおきたいといろいろな本に手をだしています。スキルを磨くといっても、今のところ資格を取るくらいしか思いつかないので、最近よく読むのがこの本のような、著者の体験談が書かれたビジネス書です。

この本の著者は、外資系のコンサルタントを得て自ら起業した製造業を専門とするコンサルタント。
私が実際に働いた経験がないからでしょうか、いまいちコンサルタントという仕事がぴんときません。

全体的にパワフルな主張が目立ち、読みながら腰が引けてしまいますが、卒業し就職したときの年齢的な条件が私と近い著者の経験は、とても貴重なモデルです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。