スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Ruby]RandomViewerをアップデートしました

フリーソフトの画像ビューアIrfanViewがあまりにも高性能で使いやすかったため、これをインストールしているPCでRandomViewerを起動するとIrfanViewで画像を開くように変更しました。

ものすごい自分の都合での変更ですね。

注意点としては、デフォルトのインストール先である

C:\Program Files\IrfanView

にインストールされていないと起動しないということです。
IrfanViewがインストールされていないPCでは、標準の画像ビューアが開きます。

フリーソフト:RandomViewer(zip形式)


以下、需要のなさそうなソースコード
$KCODE = "s"

files = Dir.glob("*.{jpg,JPG}\0**/*.{jpg,JPG}\0**/**/*.{jpg,JPG}")
fullname = Dir.pwd.to_s + '/' + files[rand(files.size)].to_s
imgpass = fullname.gsub("/" , '\\')
Dir.chdir('C:/')
if FileTest.directory?('Program Files/IrfanView/')
system('Program Files/IrfanView/i_view32.exe ' + imgpass)
else
system('WINDOWS\system32\rundll32.exe C:\WINDOWS\system32\shimgvw.dll,ImageView_Fullscreen ' + imgpass)
end

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。