スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム機を超えろ

「離れた相手と対戦ができる!『プロ野球 ファミスタDS』のゲームモードが明らかに 」
 このゲームだけでなく、最近見る任天堂DSの動きを考えると、ゲームの範疇を超えているコンテンツがDSを媒介として大量に出回っていると感じる。

「ニンテンドーDS用のワンセグチューナーは年内発売、比較的安価に?」
 これとか。

 しかし、それらの記事を読んでいて思うのは、最初にゲーム機としてだけでない機体を!とか言ってたのってDSじゃなくてPSPじゃなかったかなぁと。ハイスペックな機体の仕様を初めて見たときは、確かにこれはもう携帯ゲーム機じゃないよな、と感じたのを覚えている。
 だが、実際ふたを開けてみれば圧倒的にDSのほうが「超えた」状態にあることは間違いない。
 それが一連の「脳トレ」ブームによって引き起こされたDSの「ゲーム」としてではない、新しい遊び方探しとも言うべき多種多様な新作ラッシュの結果であることは疑う余地は無い。
 だが問題は、果たしてDSは「超えた」といえるほどのハードの性能を持っていたのか? という話で。

 確かにGBAとは比べるべくも無いほどの性能ではあったけれども、画像の描写能力などでは最近の新作ゲームでも色々と限界が見えるほどの性能でしかなかった。PSPと並べて見ればその性能差は明らかだろう。
 しかし、それでも携帯ゲーム機を超えるための素材として選ばれたのはDSの方だった。

 ようするに売れたもの勝ちってことなんだろうけど、この結果は少しおもしろいと思う。つまりハードが持つ性能うんぬんではなく、そのハードが普及することこそが様々な周辺機器や技術の充実につながるんだなぁと、そんなことを思ったってだけの話(オチてないよ!長いよ!)

テーマ : ■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■ - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。