スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]本は10冊同時に読め!

本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
(2008/01/21)
成毛 眞

商品詳細を見る


ダイエット本なんて目じゃないくらい扇動的、挑発的な読書本。

正直ものすごい傾倒する人と引いてしまう人がいると思う。似たような読み方をしているけど、私は引きました。

内容とあまり関係がありませんが、本書の中で紹介されていたアリとキリギリスの昔話。あれって、エンディングがキリギリスが死んでしまうものと、アリに助けられるものの二種類あるんですよ。
で、助けられたエンディングを読んだ後に思ったのは、結局働かなくてもキリギリスは冬を越せたんだねってこと。
いや、それがいいとか悪いとかではなく。どうも、童話の訓示的な部分って、中途半端だなぁと感じますね。

本当に内容と関係の無い小話でした。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。