スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]まんがサイエンスⅣ

まんがサイエンス (4) (ノーラコミックスDELUXE)まんがサイエンス (4) (ノーラコミックスDELUXE)
(1994/08)
あさり よしとお「5年の科学」編集部

商品詳細を見る

目次
日本初の純国産大型ロケットH‐2(種子島ロケットツアー
そしてH‐2は宇宙へ!)
いとしのMr.ブルー(オゾン層にあなが開いちゃった
フロンの正体とは?
地球があたたかくなる!?
エネルギーのムダづかいをやめよう!
空からジュースが降る!? ほか)


最近こればかり読んでいる、まんがサイエンスシリーズ。今回は環境問題がメインテーマです。

今でこそ、二酸化炭素だ温室効果ガスだと騒いでいますが、この本が出版されたのは京都議定書が議決される三年前。

しかし、その内容は遅れているどころか、環境問題というものは普遍的で根本的な問題である『人間の追い求める便利さと環境の折り合い』が軸にあることを再認識させてくれます。

このシリーズのいい点として、複数のそれぞれ違った視点を持ったキャラクターが討論形式で話が進むため、一方的な見方、一方的な意見を押し付けるようなことなく、さまざまな意見が存在することを知識と同時に教えてくれていることです。子供だけでなく、大人にこそこういった視点は重要だと思います。

しっかし、進歩してないなぁ人類……。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。