スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]読書は一冊のノートにまとめなさい

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
(2008/12/05)
奥野宣之

商品詳細を見る

目次
・「ノート」で読書をマネジメント(情報をノートに一元化する技術。ノートをサポートツールにする方法)
・「探書リスト」で主体的・効率的に本を買う(探書リストの作成&活用法。役立つ本につなげる情報収集術)
・「読書ノート」で本と対話する(著者との対話型「ねぎま式読書ノート」の作成&活用法)
・ノートを活用して「アウトプット」(デジタル検索術。メモや読書ノートを組み合わせるアイデア術)
・生活を変化させる「応用読書」(レファ本、古典活用法、からめ手読書術、ツンドク術、ひきちぎり術)
・インストール「グッズ」(23個の文房具を写真と一緒に紹介)


情報は一冊のノートにまとめなさいの第二段。

前作ですべての情報(読書情報も)一冊のノートにまとめることにした人にとっては何をいまさらと思われるタイトルですが、読書に特化した著者の“記入方法”を読むだけでも参考になります。

特に、私のように読むたびに書評を書いていると、読書記録をいかにつけるか、どうまとめるかを実例込みで解説しているこの本は非常に参考になりました。

ただ、すべての情報を一冊のノートにまとめるというコンセプトは前著で完成しているため、それ以上の画期的な方法論を求めている人には物足りないと思います。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。