スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Ruby]RandomViewerをアップデートしました(ver 0.6)

今までRandomViewerは,画像データの入っているディレクトリに入れて起動したらおしまい,という構成でしたが,GUIが無いと使いにくい,いちいちEXEファイルをディレクトリに入れなくてもディレクトリを指定したいなどの要望(苦情)があったため,GUI化してみました.

RandomViewer起動画面

起動後,調べたい階層の深さ(フォルダの入れ子数)と調べたいディレクトリを指定した後,“ランダム検索開始!”というボタンを押すと,JPGファイルの検索を始めます.

アンインストールしたいときは,ファイルごと削除してください.

ダウンロードはこちらから.
フリーソフト:RandomViewer(zip形式)

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。