スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]大問題!

大問題!大問題!
(2004/06)
東京理科大学、

商品詳細を見る

目次

数学系(円周率の値は? 地球のはちまき ほか)
物理系(地球に行けない? 雨が落ちる速さ ほか)
化学系(ダイヤと黒鉛・金はどうできたか ほか)
生物系(コラーゲン入り食品・植物油は体にいい? ほか)
工学系(二足歩行は不安定・役に立つ静電気 ほか)



東京理科大に所属している教授の総合カタログ.

私がよく読んでいる科学系の問題本なのですが,この本は全編東京理科大に所属している科学者(教授など)が執筆しているちょっと変わったタイプの本です.

各分野の問題はどれも興味深く,テレビの情報系番組で取り上げているようなセンセーショナルな扇動も無いため非常に読みやすかったです.

しかし,執筆者によって解説の分かりやすさにだいぶ違いがありました.私が教授のカタログと言ったのもそのためで,この本を読むことでどの教授が教え上手なのかが一目瞭然.

東京理科大に進学する人は,入学前に一度は目を通しておくといいかもしれません.

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。