スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


この人が描いた漫画はよく読んでいますが,エッセイははじめて読みました.

お金,というものに対して,非常に真剣に,そして真摯に向き合った本という印象.
読んでいて,自分はお金というものをどう考え,どういう接し方をしているのか考えさせられます.

しかし,お金って大事ですよね.ただ生きて,暮らしていくだけでもどんどん消費されていくし,病気なんてしたらそれこそ加速度的に無くなっていきます.

働けど働けど暮らし楽にならず,でしたっけか.しかし,石川啄木はのんだくれて金がなかっただけのようですが…….この本にもギャンブルの話,お酒の話が出てきましたが,私にとっては本が読みたいって欲求のせいで身を崩しそうな予感がします……図書館が無かったらすでに破産してるかもしれません.

自分の好きな本が読めるように,好きな人と一緒に生きていけるように,お金を稼ぎます.

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。