スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
(2006/08/01)
西尾 維新大場 つぐみ

商品詳細を見る


西尾維新が手がけるもう一つのノベライズ作品。

個人的にHOLiCよりこちらの方がおすすめ。実に原作とは違った雰囲気の文体ですが、不思議と違和感は感じませんでした。

ストーリーは、Lとキラが対決するより前、ロサンゼルスで起こった連続殺害事件をLと、原作ではあっさり殺されてしまった元FBIの南空ナオミが解決する、というストーリー。

原作で以前一緒に仕事をしたことがある、というのはこの事件の話だったんですね。

この本の一番の特色は、語り部、というより支店がメロの視点になっている、ということ。この辺でけっこう好みが分かれそうです。私はおもしろかったですが。

あと、Lがやる気をなくしているときキラに殴られ、その反撃としてLが放った技がまさか○○○○だったとは……いや、まあ変な体制だとは思いましたけどね。

全体的に展開がスピーディーであっさり読めるので、濃いミステリーファンには不向きな本かもしれません。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。