スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古書読み放題時代突入か

 Googleが先日新しいサービスを発表した。
 その名も「Googleブック検索」
 ネット上で本のタイトルと内容まで(!)検索できてしまうという優れもののサービスだ。もっとも、条件としてGoogleと提携した出版社(もしくは作家)の本のみ、という制限がついてしまう。現状ではほとんどが海外の本で日本の本はあまり見かけることは無い。
 これではしばらく様子見かな……と考えていたのだが、気になる記事が。

「慶應義塾大学が“Googleブック検索”で12万冊をデジタル公開!」
 慶応大学が所有している著作権が切れた文献12万冊をGoogleブックで公開するとのこと。太っ腹。

 これで一気に日本語の本が12万冊増えたことになります。古書だって立派な本。多少読みづらいところはありますが、貴重な文献も多数あるらしいので今から楽しみです。(大学の勉強には役に立たないかもだけど)

 この調子で、過去の名著なんかはすべてネット上で見ることが出来るようになればいいんですけどね。電子ブックサービスなどで多少は見れるのですが、それぞれに特有のソフトをインストールしなきゃいけなかったり、サービスによっては読みづらかったりと色々面倒なことが多いのですよ。Googleでなくてもいいので、一律でインターフェイスを統一してくれるだけでもすごく楽になるので、今後の展開に期待です。

テーマ : - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。