スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意科目は数学だと一度は言いたい

計算しない数学―見えない“答え”が見えてくる! (青春新書INTELLIGENCE 168) 計算しない数学―見えない“答え”が見えてくる! (青春新書INTELLIGENCE 168)
根上 生也 (2007/03)
青春出版社

この商品の詳細を見る


 先週のたけしの誰でもピカソに出演していた根上生也という教授があまりにもおもしろかったので、図書館にあった著書を読んで見ました。


 この本を読んで一番驚いたのが、この著者根上生也という人がガチャガチャポンという中学生向けのポンキッキみたいな番組に出演していた人だったということです。
 見てましたねーガチャガチャポン。無駄にシュールでおもしろかったです。番組終わっちゃったけど。

 この本は変質的なまでに数式を使わないことにこだわった本です。だからといって決して幼稚な教え方をしているわけではなく、理論さえ聞けば「なるほど!」と思わず膝をたたく内容ばかり。
 32チームのトーナメントの合計試合数は何試合?という問題を計算もせずに一瞬で解いたり、二進数をダンスで表現したりと(まあ、紙面上だったのでわかりにくかったですけどね)かなり内容は多岐に渡っていて、ぐいぐい読み進められました。
 こういう人が小学校中学校で算数数学の勉強を教えてくれれば、今こんなに数学で苦労しなくてもよかったのかなぁと思うような本でした。

 ガチャガチャポン再放送しないかなぁ……。

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。