スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオが知的ゲームになる日

 今回紹介する動画は、有名な「自作の改造マリオ(スーパーマリオワールド)を友人にプレイさせる」シリーズ。

 あまりにも有名なこのシリーズを何故いまさら紹介するかというと、計算しつくされたコースの設定はアクションゲームを作るうえですごく参考になるのではないかと感じたから。

 このゲームの見所は、

・プレイヤーの虚をついた、「孔明」と呼ばれる隠しブロック等を代表するトラップの数々

・「スーパーマリオワールド」という完成度の高いゲームのシステムを、知り尽くしたプレイヤーだからこそクリアできるコース設定

の二つにあると重います。

 後者は真似しようがありませんが、前者は他のゲームでも再現できる、とても巧妙なものばかりで、新作が発表されるたびに感心するばかりです。

 現在Part1は終わって、Part2が始まっていますが、一度じっくりと、キャラや障害物などのオブジェクトが、何故そこに配置されているのか。それはどんな意味を持つのか。

 そういった視点を持ちながらこの動画を眺めることで、普段重いつかなかったような視点が得られることがあるので、お勧めです。

























テーマ : ゲーム系動画 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。